Edited at

データの可視化シリーズ 第2弾 - バーチャートを使って「比べる」


データの可視化シリーズ 第2弾 - バーチャートを使って「比べる」

こんにちは

Exploratoryの白戸です。

前回からスタートしたデータの可視化シリーズですが、

今回はデータの比較を行なっていきます。

使用データとサマリーは前回の記事にあるので、まだの方は前回の記事でダウンロードお願いします。

使用データ:activities


データの可視化の目的

目的


  • どの国がサービスの利用者数が多いのか知りたい

  • どの国が利用者の使用頻度が高いのか知りたい

使用機能


  • バーチャート

  • リファレンスライン

それでは、実際にデータの可視化をしてみましょう!


可視化

チャートはバーチャートを選択して、X軸にCountry、Y軸にCounts(SUM)を選びます。

すると下記のように、各国のアクセス回数の合計がバーチャートで表示されたかと思います。

US の値がかなり大きいことがこのグラフから読み取れます。しかし、Otherも多いことがわかりました。今回は、Otherではなく、どの国のアクセス数が多いのか知りたいのでOtherを抜いたグラフにしたいと思います。

チャート上部にあるフィルタをクリックして、列にCountry、演算子に等しくない、値にOtherを選択しましょう。

するとOtherの値を抜いたチャートが表示されたかと思います。

このままでは直感的に国のアクセス数が多いのかわからないため、ソート機能を使いたいと思います。

ソートをクリックし、Y1軸にDESC(降順)を選択します。

綺麗にアクセス数が多い順に並びました!

USがJapanの4倍近くありますね。これで、上位の3カ国がわかりました。

次にアクセス回数の平均をみていきたいと思います。

Y軸の隣にあるハンバーガーメニューをクリックし、リファレンスラインを選択。

リファレンスラインのタイプは、今回は平均値をみたいために、平均を選択します。

適用を押すとリファレンスラインが引くことができます。

リファレンスラインの平均値が表示されました。平均値をみると、US のせいで引っ張られているような気がします。

そのため、US をOtherと同じように、フィルタ機能を使用して抜いてみます。

すると、各国の値がより綺麗に見ることができました。

また、リファレンスラインもチャートにある値に応じて、平均値が12Kから6kに下がりました。

このチャートからは、上位グループ(US, Japan, UK)と、中間グループ(Brazil, Australia, India)、下位グループ(Canada, France, China, Germany)の3グループがあるようです。

次に、Y軸のcounts(SUM)から(AVG)に変えてみましょう。そうすることで、ユーザー一人当たりのセッション回数の平均になります。

※先ほどフィルタで作成したUnited Statesの項目を削除します。

アクセスの総回数ではなく、ユーザー一人当たりのアクセス回数になりました。

アクセスの総回数ではUSが一番でしたが、一人当たりのアクセス回数の平均ではAustraliaが一番高いことがわかります。

ということは、ユーザーのエンゲージメントが高いのがAustraliaで、単純にユーザー数が多いのがUSなのではないか?

では、次はユーザーの数を見てみましょう。

Y軸にuserid(UNQ)を選択します。

各国のユーザー数が表示されました。

上位3カ国はセッション総数と比べて変化はありませんが、

中間層にいたBrazilとAustraliaはユーザー数が低いことがわかります。


まとめ

今回はバーチャートを使って、各国ごとにセッション総数、ユーザーあたりの平均セッション数、ユーザー数をみていきました。

今回は、観察できたこととして、

US とJapanはどのチャートでも高い数字をだしていたましたが、UK はユーザーの平均セッション回数が平均に比べると少ないようです。

AustraliaやBrasilは使用頻度が高いがユーザー数が少ないことがわかりましたね。

では、OS別に見てみてはどうなんでしょうか。

次回は色(グループ化)を使用し、OSで分けた各国のデータを可視化していきたいと思います。

ぜひ次も読んでみてください!



Exploratoryデータ・アカデミー

データの可視化、またはデータ分析に関してもっと知りたい、学びたいという方は、私達が提供しているトレーニングやセミナーに参加してみてください。

こちらのExploratoryデータ・アカデミーのページに詳細情報があります。

データを使ってより良い意思決定を行っていきたいと言う方は、ぜひこの機会に参加をご検討ください!