データの可視化シリーズ 第9弾 - 表計算の「移動平均」を使って時系列のトレンドを可視化する


データの可視化シリーズ 第9弾 - 表計算の「移動平均」を使って時系列のトレンドを可視化する

こんにちは

Exploratoryの白戸です。

前回は、表計算の「差の割合」を使用して株価の成長率のトレンドを見ていきました。

今回は、時系列データのトレンドを可視化するときによく使われる「移動平均」を紹介します。

移動平均とは、ある一定期間ごとの平均値を期間をずらしながら求めたものです。移動平均は長期的な傾向を表す滑らかな曲線を描いてくれるため、トレンドを理解しやすくなります。


データの可視化の目的

目的

Appleの株価のトレンドを移動平均を利用して理解したい

使用機能


  • ラインチャート

  • フィルタ(カテゴリの指定、期間の指定)

  • 表計算の移動平均

  • カスタムパレットの使用


使用データ

前回から使用している、AppleやGoogleといったテック企業の株価のデータを使用していきます。

使用データは前回の記事からダウンロードできますので、そちらをご覧ください。

それでは、実際に可視化していきましょう!


可視化

今回も時系列のトレンドを見たいために、チャートはラインチャートを選択します。

image.png

X軸にdateを選択し、スケールを「日に切り捨て」を選ぶことで、日単位にデータを見れるようにします。

image.png

次に、Y軸にはadjustedを選択し、集計関数に「平均値」を選びます。

image.png

株価が表示されました。

image.png


チャート・フィルターを使う


Appleの株価のみにする

このままでは、AppleやAmazonなどの全ての株価の合計値が表示されているので、フィルタ機能を使用してAppleのみの株価を表示させましょう。

フィルタをクリックします。

image.png

列には「symbol」、演算子には「等しい」を選択して、値はAppleの株価の名称の「AAPL」を選びましょう。

image.png

これで、Appleのみの株価を表示することができました。

image.png


期間を2018年のみにする

次に、去年の株価のトレンドを見たいために、フィルタ機能を使用して期間を2018年のみにします。

先ほどの作成したフィルタの隣の「+」をクリックします。

image.png

列には「date」を選択し、フィルタ演算子は「等しい」、値は'2018'にしてください。

image.png

これで、アップルの株価を2018年のみで表示することができました!

image.png


表計算:移動平均を使う

それでは、ここからよりトレンドを理解するために、表計算の「移動平均」を使用して可視化していきます。

Y軸の2つ目のドロップダウンに先ほどと同様に、「adjusted」を選択します。

image.png

集計関数は平均値を選択しましょう。

image.png

Y軸のメニューをクリックして表計算を選択します。

image.png

計算のタイプは移動計算を選びましょう。

image.png

値の集計方法は「平均値」を選びます。

ウィンドウサイズは、移動平均で使用する区間のことを指します。

ここでは、ウィンドウサイズは' 20 'にします。

今回の場合は、X軸の単位が日のため、ウィンドウサイズが20の場合は、20日の平均値をずらしながら求めることを意味します。

image.png

ラインチャートに移動平均が適用されました。

image.png

次に、カスタムパレットを使用して、移動平均のトレンドを見やすくしていきます。

カスタムパレットの作り方は、こちらの記事をご覧ください。

カスタムパレットは今回のために作成した、グレイとブルーの色のパレットを適用します。

image.png

これで、移動平均のラインチャートを可視化できました!

image.png

株価は、2018年の10月までは伸びていましたが、11月からは下降しているようです。

また、移動平均には欠点があります。

image.png

このように、元の曲線より短くなってしまうことです。

それは、移動平均が前後の値の平均値を求めることによって起こります。また、時系列が滑らかになるほど(ウィンドウサイズが大きいほど)曲線は短くなります。


まとめ

今回はラインチャートと表計算の移動平均を使用して、アップルの株価のトレンドを可視化しました。

個々のデータポイントがどこにあるのかという具体的な詳細よりも、データの包括的な傾向を知りたいときは、移動平均を使用するのがおすすめです。

次回は、時系列データのトレンドを見やすくするために、「トレンドライン」という機能を使って線を滑らかにする手法の紹介をします。



Exploratoryデータ・アカデミー

データの可視化、またはデータ分析に関してもっと知りたい、学びたいという方は、私達が提供しているトレーニングやセミナーに参加してみてください。

こちらのExploratoryデータ・アカデミーのページに詳細情報があります。

データを使ってより良い意思決定を行っていきたいと言う方は、ぜひこの機会に参加をご検討ください!