データ分析
Howto
データ可視化
データサイエンス
Exploratory

カスタムパレットの作成方法

現在15種類の色のパレットが存在しますが、チャートに合うパレットを作りたい場合はカスタムパレットという機能を使用することで、独自の色のパレットを作ることができます。

例えば、このようなチャートがあった時に、女性はピンク、男性は青で表示したいとします。

image.png

はじめに、色(グループ化)の設定ボタンをクリックしてください。

image.png

色の設定のパレットをクリックします。

185CB3CC-E20B-4D49-8D52-A3FCA080FF56-6241-00000A65B70346EA.PNG

下の方にスクロールしてカスタムを選択します。

image.png

ここでカスタムパレットを選択することができます。

しかし、カスタムパレットがない場合は選択できないので、編集をクリックして作成します。

image.png

追加ボタンをクリックします。

image.png

表示名の入力カラーパレットの追加をしていきましょう。

image.png

色を割り当てたいパレットをクリックします。

image.png

お好きな色を選択してください。

今回は女性にピンク(Hex:FA766F)、男性に青(Hex:4A90E2)を割り当てます。

image.png

パレットの追加と色の割り当てが完成したら、追加ボタンをクリックします。

image.png

カスタムパレットを作成することができました。

image.png

それでは、先ほどのチャートにカスタムパレットを適用してみましょう。

色の設定から、カスタムパレットを選択し先ほど作成したFemale_maleを選びます。

image.png

女性にピンクと男性に青を割り当てることができました。