RedPen

RedPen v1.8 の新機能

More than 1 year has passed since last update.

先週 RedPen v1.8 をリリースしました。以下は本バージョンで導入された変更です。

文を指定して実行

ファイルを作成しなくても、対象となる文を指定して検査できるようになりました。以下は文を指定して redpen を実行するコマンドの例です。

$redpen -s "これは、、、どうでしょう"
[2017-03-20 00:50:01.406][INFO ] cc.redpen.Main - Configuration file: /usr/local/Cellar/redpen/1.8.0/libexec/conf/redpen-conf-en.xml
[2017-03-20 00:50:01.413][INFO ] cc.redpen.config.ConfigurationLoader - Loading config from specified config file: "/usr/local/Cellar/redpen/1.8.0/libexec/conf/redpen-conf-en.xml"
[2017-03-20 00:50:01.425][INFO ] cc.redpen.config.ConfigurationLoader - Succeeded to load configuration file
[2017-03-20 00:50:01.426][INFO ] cc.redpen.config.ConfigurationLoader - Language is set to "en"
[2017-03-20 00:50:01.426][WARN ] cc.redpen.config.ConfigurationLoader - No variant configuration...
[2017-03-20 00:50:01.427][INFO ] cc.redpen.config.ConfigurationLoader - No "symbols" block found in the configuration
[2017-03-20 00:50:01.432][INFO ] cc.redpen.config.SymbolTable - Default symbol settings are loaded
[2017-03-20 00:50:01.494][INFO ] cc.redpen.parser.SentenceExtractor - "[., ?, !]" are added as a end of sentence characters
[2017-03-20 00:50:01.494][INFO ] cc.redpen.parser.SentenceExtractor - "[', "]" are added as a right quotation characters
[2017-03-20 00:50:01.835][INFO ] org.reflections.Reflections - Reflections took 60 ms to scan 1 urls, producing 5 keys and 53 values
[2017-03-20 00:50:01.882][WARN ] cc.redpen.validator.ValidatorFactory - cc.redpen.validator.section.VoidSectionValidator is deprecated
[2017-03-20 00:50:01.890][WARN ] cc.redpen.validator.ValidatorFactory - cc.redpen.validator.sentence.SpaceBeginningOfSentenceValidator is deprecated
[2017-03-20 00:50:01.904][INFO ] org.reflections.Reflections - Reflections took 2 ms to scan 1 urls, producing 160 keys and 163 values
[2017-03-20 00:50:02.032][INFO ] cc.redpen.util.DictionaryLoader - Succeeded to load UnexpandedAcronymValidator default dictionary.
[2017-03-20 00:50:02.039][INFO ] cc.redpen.util.DictionaryLoader - Succeeded to load weak expressions.
[2017-03-20 00:50:02.047][INFO ] cc.redpen.util.DictionaryLoader - Succeeded to load word frequencies.
[2017-03-20 00:50:02.048][INFO ] cc.redpen.validator.JavaScriptValidator - JavaScript validators directory: js
1: ValidationError[InvalidSymbol], Found invalid symbol "、". at line: これは、、、どうでしょう
1: ValidationError[Spelling], Found possibly misspelled word "これは、、、どうでしょう". at line: これは、、、 どうでしょう

[2017-03-20 00:50:02.063][ERROR] cc.redpen.Main - The number of errors "2" is larger than specified (limit is "1").

文を指定することで、考えた文が規約に沿っているかを手軽に検査できます。この機能は今後、JavaScript で作成する機能拡張のテスト用途で利用される予定です。

一部の機能を Deprecated に

ユーザの方より、一部の機能の名前がわかりにくいという意見をもらっていました。例えば、VoidSection は名前からは何を検査しているのか分かりにくいです。そこで VoidSection を Deprecated にした上で、同じ役割の機能 EmptySection を追加しました。また、SpaceBeginningOfSentence には実装上の問題があったので、一度 Deprecated に設定しました。うまく修正できれば、再び復活させる予定です。

デフォルトの設定をマイルドに

シンボルのデフォルト設定をみなおして、不要なエラーを減らしました。たとえば、テキストマークアップ型の原稿フォーマット、Re:VIEW でエラーが出てしまっていましたが、このバージョンからは出なくなっています。今後も不要なエラーを減らすように開発を進めてゆくつもりです。

問題をいくつか修正

  • redpen-serverstop オプションで止まらない問題を修正しました。
  • Markdown の見出しに画像が使用できるようになりました。
  • SpaceBetweenAlphabeticalWord でエラーをスキップするパラメタ(skip_beforeskip_afterをサポートしました。これは @midnightSuyamaさんがコントリビュートしてくれた機能です :pray:

次のバージョンに向けて

現在 RedPen から出力されるエラーメッセージは利用するPCのロケールから自動で決定されます。しかし、共用のPCなどでは、使いたい言語でエラーが表示されないという問題が報告されてきました。次のバージョンでは、ユーザはコマンドラインやサーバ起動コマンドでエラーメッセージの言語を指定できる予定です。また restrucuredText フォーマットにも対応したいと考えています。