Help us understand the problem. What is going on with this article?

妄想プロダクト室「lift me」のプロトタイプ

main_vidual.jpg

つくったモチベーション

最近のお買い物って、こんな感じではないでしょうか?

あ〜そろそろ暑くなってきたし、半袖シャツでも買うかな〜。
さて、検索検索〜っと。。。
おっ、いいの発見! ポチッとな。
ふぅ〜お店に行かなくてもいい感じの半袖シャツが買えたな😄


あれ?そういえば、わざわざお店いく意味ってなんだろう。。。
そこで、私は無人店舗を想定した新しいインタラクティブなハンガーをプロトタイピングしてみることにしてみました!

「lift me」概要

”インタラクティブなハンガー”「lift me」をプロトタイピングする。
ハンガーを持ち上げると、スマホにその服を使ったオススメのコーデを送ってくれます。
また、服のPV数と表し、ハンガーが持ち上げた回数が表示される←未実装。
↓以下、デモ動画

技術・素材

  • LINE Things LIFF
  • javascript
  • html/css
  • obnize
  • 加速度センサー
  • ハンガー
  • instagram api

構成図

abe.001.jpeg

今後の課題

・服にあったコーデを引っ張ってくるロジックを考えていない
(今は、プロトということでとりあえずインスタapiを叩いている)
・ハンガーのPV数を表示したい。
(何回、加速度の値が変わったかをファイアベースなどで記録しフロントに表示したい)
・ハンガーが変わるごとにユーザーは、line thingsを連携させないといけない
(作ってる途中まで気がつかなかった、ユーザービリティが悪すぎる)

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away