Edited at

Google Apps ScriptからLINE NotifyでLINEにメッセージを送る

More than 1 year has passed since last update.


LINE Notifyとは?


Webサービスと連携すると、LINEが提供する公式アカウント"LINE Notify"から通知が届きます。

複数のサービスと連携でき、グループでも通知を受信することが可能です。


出典:https://notify-bot.line.me/ja/

LINEが新しく提供開始したサービスです。IFTTTやGit Hubと連携して、LINEに通知を送ることができます。APIも公開されており、

今までは、システムから、LINEに通知を送るには、Bot API TrialまたはBusiness Connectを使用する必要がありましたが、LINE Notifyでは、本当にかんたんに通知が送れるようになりました。Google Apps Scriptと組み合わせれば、時間ごとに通知を送ったり、Googleの検索結果を通知したりと色々できそうだと思い、試してみました。


送付準備

通知を送りたいトークルームに「LINE Notify」のアカウントを友達として追加しておきます。通知は「LINE Notify」アカウントから送られます。

次に、アクセストークンの発行を行います。LINE Notifyのマイページ(LINE IDでのログインが必要)にアクセスすると「トークンを発行する」ボタンがあります。これをクリックして、トークンを取得します。詳細は、以下の参考にしてください。

アクセストークンが発行できたら、準備完了です。


ソース

Google Apps Srciptで以下のコードを実行すると、先程、選択したトークルームに、LINE Notifyから通知が送られます。

function sendHttpPost(message){

var token = [access_token];
var options =
{
"method" : "post",
"payload" : "message=" + message,
"headers" : {"Authorization" : "Bearer "+ token}

};

UrlFetchApp.fetch("https://notify-api.line.me/api/notify",options);
}

function myFunction(){
var message="Google App Srciptから送信" ;
sendHttpPost(message);
}


参考リンク