Help us understand the problem. What is going on with this article?

Google Apps ScriptからLINE NotifyでLINEにメッセージを送る

More than 3 years have passed since last update.

LINE Notifyとは?

Webサービスと連携すると、LINEが提供する公式アカウント"LINE Notify"から通知が届きます。
複数のサービスと連携でき、グループでも通知を受信することが可能です。

出典:https://notify-bot.line.me/ja/

LINEが新しく提供開始したサービスです。IFTTTやGit Hubと連携して、LINEに通知を送ることができます。APIも公開されており、
今までは、システムから、LINEに通知を送るには、Bot API TrialまたはBusiness Connectを使用する必要がありましたが、LINE Notifyでは、本当にかんたんに通知が送れるようになりました。Google Apps Scriptと組み合わせれば、時間ごとに通知を送ったり、Googleの検索結果を通知したりと色々できそうだと思い、試してみました。

送付準備

通知を送りたいトークルームに「LINE Notify」のアカウントを友達として追加しておきます。通知は「LINE Notify」アカウントから送られます。

次に、アクセストークンの発行を行います。LINE Notifyのマイページ(LINE IDでのログインが必要)にアクセスすると「トークンを発行する」ボタンがあります。これをクリックして、トークンを取得します。詳細は、以下の参考にしてください。

アクセストークンが発行できたら、準備完了です。

ソース

Google Apps Srciptで以下のコードを実行すると、先程、選択したトークルームに、LINE Notifyから通知が送られます。

function sendHttpPost(message){
  var token = [access_token];
  var options =
   {
     "method"  : "post",
     "payload" : "message=" + message,
     "headers" : {"Authorization" : "Bearer "+ token}

   };

   UrlFetchApp.fetch("https://notify-api.line.me/api/notify",options);
}

function myFunction(){
  var message="Google App Srciptから送信" ;
  sendHttpPost(message);
}

参考リンク

tadaken3
とある会社のデータアナリスト「ラクして成果を上げる仕組みを考える」をモットーにPython、Google Apps Scriptについてのブログを書いています。趣味は自転車、筋トレ、登山です。 趣味と実益を兼ねて片道30分の自転車通勤してます。
http://tadaken3.hatenablog.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした