Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationEventAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
6
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 5 years have passed since last update.

@tacksman

Angular Meteor 1.2.0がリリースされてたのでその更新点について

今回の内容

本当はMeteorでモバイルアプリをうまくつくるときにどうしようか的な記事を書くつもりでしたが、少し煮詰まってしまったので割りと最近アップデートが入ってたAngularMeteorの話でお茶を濁させてください。

Angular Meteorとは

MeteorでAngularJSを使用するためのパッケージです。基本的なAngularのAPIにあたる項目を含んでいるので、Angularでやりたいことはだいたい実現できます。
ただ、いくつか不足しているものもありますがそれらは別のパッケージで補うことができます。
(例: ui-routerと同様の機能を実現するmeteor-angular-ui-routerなど)

Meteor公式が紹介している、Meteor + ionicでモバイルアプリを作成するサンプルでも使用されています。

変更点

詳細はMeteor公式ブログを参照。

  • 1.2.0でのアップデートの主な内容は、ng.jsng.htmlの代わりに通常のHTMLやJSをAngularに使用するようになったこと
  • ng.htmlhtmlに変更する際はクライアントの負荷を減らすために、blaze-html-temlplateを削除することが推奨されるようになった
  • ng.jsjsに変更する際にecmascriptパッケージを削除するすることが推奨されるように

変更の内容について

ecmascriptなどを削除したことで、プレーンなAngularを書ける状態までかなり近づいたのではないでしょうか。
これによってAngularJSを使用したモバイルアプリをMeteor上で動作させるのも、やりやすくなるのではと期待しています。

上記にも書いたとおり、AngularMeteor 1.2.0では通常のhtmlを使用するためにblaze-html-templatesを削除することが推奨されるようになりましたが、BLAZEテンプレートを使用したいという人向けに、AngularMeteor向けのBLAZEテンプレートのパッケージが追加されているようです。
BLAZEテンプレートによるUIが気に入っている人はこちらを使用することで、従来どりのUIを実現できます。

おおまかな内容については以上です。

あとは1.3に向けてのモチベーションとして、

  • MeteorのAPIにData APIを追加する
    • Angular Meteor 1.3.0より$meteor.collectionなどのコレクションを扱うAPIがdeprecatedとなり、1.4.0では削除されることが決定されました。
  • 機能向上のためにautobindを削除する

といった項目が書かれてありました。
Meteorでコレクションを扱うとき、面倒だなあと思うことが多かったのでAngular Meteorの$meteorを多用していたのですが、
「MeteorのコレクションなんだからMeteorのAPIからさわろうや。な?」
って気持ちでData APIの追加が決まったのかなと思います。

Angular Meteor 1.3.0から順次移行する形かと思いますが、手元で動作が確認できるまではver. 1.2.xでバージョンを合わせておくのが身のためでしょう。
僕はちょっと人身御供してくる予定です。

圧倒的謝罪

日付一日間違えてまるまる一日遅刻しました・・・。ごめんなさい。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
6
Help us understand the problem. What are the problem?