画像処理
DeepLearning
TensorFlow
ml4a
kadenze

画像の平均作成、標準化、畳み込みの結果をもとにソート【kadenzeCADL 1】

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

kadenzeのCREATIVE APPLICATIONS OF DEEP LEARNING WITH TENSORFLOWを受けています。

session1の課題を行ったので何をしたかメモ。

もととした画像は、いらすとやさんのいろんな顔アイコンから100枚ほどお借りしました。
ありがとうございます。

dataset.png

平均画像の作成

mean.png

顔のようなものは認識できますね。
もとにした画像がスーツが多めだったので、それが色濃く出てしまっているように思います。

標準偏差を可視化

std.png

中心部分は肌色が多い為、差が小さくなっているようです。

標準化した画像

normalized.png

右端の下から3列目の髭のおじさんが際立っているように見えます。

カーネルで畳み込み

カーネルは下記。

kernel.png

畳み込みの結果をもとにソート

sorted.png

これをどう解釈すれば良いのかわかりませんでしたが、ソートの結果、上部に若い人のアイコン、下部に年上の人のアイコンが並んでいるように思います。

コード

Githubにおいてあります。

また、つまづいたところも別途Qiitaにあげてます。

KadenzeのCADLコース session1 で normalized.png が真っ黒になる

ありがとうございました。