LoginSignup
7
7

More than 3 years have passed since last update.

Android でもとりあえず Ubuntu のデスクトップ環境を使いたい(Termux 版 - デスクトップ環境で日本語入力)

Last updated at Posted at 2020-02-23

はじめに

Android でもとりあえず Ubuntu のデスクトップ環境を使いたい(Termux 版)
の続きです。
Ubuntu の LXDE、XFCEデスクトップ環境で日本語入力を行うための設定を記載します。
fcitx-mozc はどうしても動作させることができなかった(オンになっているはずなのに、日本語が入力できない。。。)ので、fcitx-anthy を使用しています。

インストール

まずは日本語フォントおよび Anthy (日本語をキーボードから入力するためのツール)のインストールを行います。
dbus-x11 は入力ツールの不足分を補完します。
Ubuntu の LXDE または XFCE デスクトップ環境を立ち上げてから、以下のコマンドを LXTerminal 等のシェルで実行して下さい。


apt install -y fonts-noto
apt install -y fcitx-anthy
apt install -y dbus-x11

設定

続いて入力ツールの設定ダイアログで設定を行います。
以下のコマンドでダイアログを開いて下さい。


fcitx-configtool

もしダイアログが立ち上がらなかったら以下のコマンドを実行してからもう一度、ダイアログを立ち上げて下さい。


fcitx-autostart

入力ツールのダイアログを表示したら以下の手順で Anthy を使えるように設定してください。

  1. Input Method タブを選択
  2. + ボタンを押す
  3. Only Show Current Language のチェックボックスからチェックを外す
  4. チェックボックスの下の入力欄に Anthy と入力する
  5. Anthy が上のボックスに出るので選択し、OKボタンを押す
  6. Anthy が上から2番目の位置になるよう、Anthy を選択してから + ボタンの右側にある ↑ ボタンや ↓ ボタンで移動する
  7. 続いて、Global Config タブを選択
  8. Trigger Input Method で日本語と英語を切り替えるボタンを設定する(※)
  9. ダイアログの右上のxを押してダイアログを閉じる

※任意です。ネットで見ると 右ALT や Shift+SPACE など好みで設定しているようです。
Android Studio を使っている人は、デフォルトで設定されている Ctrl+SPACE を別の設定に変えましょう。
Ctrl+SPACE は Android Studio のコード補完のショートカットになります。

続いて設定ファイルに環境変数とfcitxの起動コマンドを記載します。
以下のコマンドを実行して設定ファイルを編集します。


vim ~/.bashrc

以下を .bashrc ファイル内の適当な位置に記載します。
私は一番下に記載しました。


export GTK_IM_MODULE=fcitx
export QT_IM_MODULE=fcitx
export XMODIFIERS=@im=fcitx

fcitx > /dev/null 2>&1

最後に Termux と XSDLを終了し起動し直します。
Android の通知領域に Termux の文字が2行出ているので上の方をタップします。
左下に Exit の文言が出ますので、Exit をタップして Termux を終了します。
XSDL は Android の各ランチャーの手順に従って終了してください。
再び Termux + XSDL でデスクトップ環境を立ち上げるとAnthyで日本語入力できるようになります。

なお私の環境では Termux を再起動しないと Anthy で日本語入力出来ませんでした。
.bashrc を souce コマンドで読み込んでも駄目だったので、何か起動時に行わないといけないことがあるのかもしれません。

参考サイト

ChromebookのLinux(Crostini)の日本語入力をAnthyで構築

Chromebook C101PAでVSCodeを使う。(Crostini使用)

fcitxで「正しくfcitxに接続できません。」エラーが発生したときの対応

Chrombook C101PAにVisual Studio Codeをインストールしてみる

7
7
0

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
7
7