CeresDay 22

スマートウォッチ事情2018まとめ


2018年のスマートウォッチ概況

2018年は、去年頃から始まった時計メーカーや有名ブランドからの参入がさらに充実してきました。また、基本機能の要素をしっかり保持しつつも、低価格で購入できるスマートウォッチも出てきました。そして、よりデザインや用途を重視する流れに。

Apple Watchは画面が時計のサイズいっぱいに広がり、WearOS搭載スマートウォッチは完全に正円型が主流になりました。

ちなみに、フィットネス系用途のものはバンドタイプで独自OSが主流で、スマートウォッチとは明確に別れました。


OSの最新バージョン


  • watchOS 5.1.2 (Apple)

  • Wear OS by Google 2.2 (旧:Android Wear)



形状


  • Apple Watch は、やや縦長の長方形

  • Wear OSは、正円型が主流(下部が欠けた円形は廃れました)


無線


  • Bluetooth

  • WiFi

  • 3G 4G LTE

  • NFC(日本モデルではFeliCaも)


センサー


  • 3軸加速度センサー、Gセンサー

  • 3軸ジャイロセンサー

  • 3軸地磁気センサー、電子コンパス

  • 心拍センサー

  • 光度センサー

  • 気圧センサー


価格


  • Apple Watch:25,000円 (Series 1の最安値) 〜 50,000円 (Series 4の最安値)

  • Wear OS 搭載のスマートウォッチ:16,000円 〜 30,000円


Wear OS 搭載のスマートウォッチ


2018年に発売されたWear OS 搭載のスマートウォッチ


  • CASIO - WSD-F30

  • Diesel - Full Guard 2.5

  • Emporio Armani - Connected Matteo

  • Gc Connect

  • Fossil - Q Explorist (Gen 4)、Q Venture (Gen 4)

  • Misfit - Vapor 2

  • Mobvoi - Ticwatch S & E、Ticwatch Pro、Ticwatch C2

  • Montblanc - Summit 2


2017年以前に発売されたWear OS 搭載のスマートウォッチのメーカー、ブランド


  • Emporio Armani

  • Fossil

  • Hugo Boss

  • Louis Vuitton

  • Michael Kors

  • Misfit

  • Montblanc

  • New Balance

  • Nixon

  • Tag Heuer

  • Tommy Hilfiger

  • Polar

  • Samsung

  • Asus

  • Elephone

  • Huawei

  • LG

  • Motorola

  • Sony

  • Verizon

  • ZTE


詳細情報へのリンク集