Help us understand the problem. What is going on with this article?

AWS CLI アカウントを切り替える方法

はじめに

AWS CLIをインストールして便利になったんですが、
なぜか動かない(パスが通ってなかった)とか別のアカウントで操作したいけどどうすればいいか分からないとか、
時間がかかってしまったので、ここでまとめさせていただきます。

他にはまってしまっている方の役に立てば・・と思います。。

AWS CLI

AWS コマンドラインインターフェイス (CLI) の略。
AWS サービスを管理するための統合ツールで、ターミナルにて操作できる。

インストール

インストールについては下記リンクをご確認ください。

パスを通す

パスを通さないと動かないのでご注意を。。

// ${ユーザー名}には、各環境毎に変更してください。
$ export PATH=/Users/${ユーザー名}/Library/Python/3.7/bin:$PATH

ユーザー情報呼び出し方法

下記コマンドで今設定されているユーザー情報が呼び出される。

$ aws configure

アカウントの切り替え方法

下記コマンドを実行すると、~/.aws/credentials を編集できる。

$ vim ~/.aws/credentials

~/.aws/credentialsの中身を見てみると、[default] / [test_1] / [test_2] の3つがあることがわかる。
[default] は [test_1] / [test_2] のどちらかと同じ内容が記載されている。

~/.aws/credentials
// デフォルトで使用されるアカウント
[default]
aws_access_key_id = A1******************
aws_secret_access_key = A1**************************************

// ユーザー1
[test_1]
aws_access_key_id = A1******************
aws_secret_access_key = A1**************************************

// ユーザー2
[test_2]
aws_access_key_id = A2******************
aws_secret_access_key = A2**************************************

--profile オプションをつけずに AWS CLI を実行すると、[default]に設定されたアカウントの情報で AWS CLI が実行される。

// --profile オプションをつけずに AWS CLI を実行すると、[default]に設定されたアカウントの情報で AWS CLI が実行

$ aws configure

AWS Access Key ID [A1******************]:
AWS Secret Access Key [A1**************************************]:
Default region name [None]:
Default output format [None]:

一方で、--profile オプションをつけて実行すると、そのユーザー情報で AWS CLI が実行される。

// --profile の後に test_1 と指定すると、ユーザー1の情報が呼び出される。

$ aws configure --profile test_1

AWS Access Key ID [A1******************]:
AWS Secret Access Key [A1**************************************]:
Default region name [None]:
Default output format [None]:




// --profile の後に test_2 と指定すると、ユーザー2の情報が呼び出される。

$ aws configure --profile test_1

AWS Access Key ID [A2******************]:
AWS Secret Access Key [A2**************************************]:
Default region name [None]:
Default output format [None]:

まとめ

個人で使用する分にはあまり意識する必要はないと思いますが、組織でAWSを使用する際は複数のアカウントを使用すると思います。
どのユーザー情報を使っていたか確認するときにも使えます。

参考

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした