Vim
Zsh
Mac
Linux
awesome

日々の情報収集と通知

More than 3 years have passed since last update.


はじめに

基本的には、Twitterのリストを使って、情報収集をしています。これは、主に通知に流します。よって、今回は、主に、私の通知の使い方を紹介します。

ここで、Twitterのリストは、botを登録するなどしていますが、botを自作してもいいのですが、Twitter APIなどは面倒くさそうなので、あまり触りたくありません。したがって、既存のbotを登録していることが多いです。


Twitter


TweetVim


~/.vimrc

NeoBundle 'basyura/TweetVim'

NeoBundle 'tyru/open-browser.vim'
NeoBundle 'basyura/twibill.vim'

NeoBundle 'syui/tweetvim_notfiy'
NeoBundle 'gist:rhysd/4201877', {
\ 'name': 'tweetvim_update',
\ 'script_type': 'plugin'
\}



~/.zshrc

function tweetvim-auto(){

vim -c "TweetVimListStatuses $1" +TweetVimAutoUpdate +TweetVimStartNotify
}

リスト名を引数で渡します。

ここで、リスト多い人は、リスト補完を作ってもいいのですが、私はやってません。少ないので。


必要なもの


Mac


growlnotify


$ brew install growlnotify


Linux


notify-send


$ pacman -S inotify-tools


Windows


growlnotify.exe


$ choco install Growl


設定

リロードする時間間隔を設定できます。


~/.vim/bundle/tweetvim_update/plugin/tweetvim_autoupdate.vim

let s:tweetvim_update_interval_seconds = 10



~/.vim/bundle/tweetvim_notfiy/plugin/tweetvim_notfiy.vim

let s:tweetvim_notfiy_update_interval_seconds = 5



コード

tweetvim_notify.vimは、自分で作りましたので、少し解説できます。

参考にしたのは、オートリロードを担当するtweetvim_autoupdate.vimです。

本体のコードは以下の様な感じで、単純に最新ツイートを比較し、違いがあれば、通知コマンドを叩きます。


tweetvim_notify.vim

let s:tweetvim_notfiy_update_interval_seconds = 2

let s:tweetvim_notfiy_timestamp = reltime()[0]
let s:tweetvim_notfiy_getline_1 = getline(3)

fu! s:tweetvim_notfiy()
let n_current = reltime()[0]
if n_current - s:tweetvim_notfiy_timestamp > s:tweetvim_notfiy_update_interval_seconds
if s:tweetvim_notfiy_getline_1 != getline(3)
let s:tweetvim_notfiy_getline_1 = getline(3)
call system("growlnotify -m '" . getline(3) . "'")
end
let s:tweetvim_notfiy_timestamp = n_current
end
endf

fu! s:tweetvim_notfiy_setup_autoupdate()
aug vimrc-tweetvim-notfiy-autoupdate
au!
au CursorHold * call <SID>tweetvim_notfiy()
aug END
endf

com! -nargs=0 TweetVimStartNotify call <SID>tweetvim_notfiy_setup_autoupdate()
com! -nargs=0 TweetVimStopNotfiy au! vimrc-tweetvim-notfiy-autoupdate


通知コマンドは、各OSによって異なるので、処理を分岐しました。


test/ostype.vim

fu! s:air_test_ostype()

let OSTYPE = substitute(system('uname'), "\n", "", "")
if OSTYPE == "Darwin"
echo OSTYPE
elsei OSTYPE == "Linux"
echo OSTYPE
elsei has('win32') || has('win16') || OSTYPE =~ "CYGWIN"
echo OSTYPE
en
endf
com! -nargs=0 AirTestOstype call <SID>air_test_ostype()

一応、アイコンパスが読み込めているかのテストです。


test/system.vim

let s:air_test_dir_icon= expand("<sfile>:p:h:h") . "/icon/twitter.png"

fu! s:air_test_system()
call system("growlnotify -a Twitter -m '" . s:air_test_dir_icon . "/test'")
endf
com! -nargs=0 AirTestSystem call <SID>air_test_system()

通知コマンドは、各OSごとに以下の通りです。これは、各自用意してください。

" mac

call system("growlnotify -a Twitter -m '" . getline(3) . "'")

" Linux
call system("notify-send -i " . s:tweetvim_notfiy_dir_icon . " '" . getline(3) . "'")

" Windows
call system('growlnotify.exe /i:' . s:tweetvim_notfiy_dir_icon . " '" . getline(3) . "'")


Linux

Linuxでの通知は、notify-sendを使います。


Awesome

awesomeの通知は、デフォルトではnaughtyが使用されている感じですので、各自設定します。表示される場所とか大きさとか表示時間とか。


~/.config/awesome/rc.lua

naughty.config.defaults.timeout          = 5

naughty.config.defaults.position = "bottom_right"
naughty.config.defaults.margin = 4
naughty.config.defaults.width = 300
naughty.config.defaults.height = nil
naughty.config.defaults.hover_timeout = nil

http://awesome.naquadah.org/wiki/Naughty

http://awesome.naquadah.org/doc/api/modules/naughty.html


Lingr


J6uil

J6uil.vim

j6uil_notify


~/.vimrc

NeoBundle 'basyura/J6uil.vim'

NeoBundle 'syui/j6uil_notify'


通知

$ vim +J6uil +J6uilStartNotify


追記

指定するやつ作りました。

https://github.com/syui/airnotfiy.vim