Help us understand the problem. What is going on with this article?

laravelで都道府県プルダウンメニューを表示させる手順

laravelで都道府県のプルダウンメニューを導入したのでその手順をメモします

都道府県名一覧表をつくる

configディレクトリ下に下記ファイルを作成。

pref.php
<?php 
return array(
  '0' => '未選択',
  '1' => '北海道', 
  '2' => '青森県', 
  '3' => '岩手県', 
  '4' => '宮城県',
  '5' => '秋田県', 
  '6' => '山形県', 
  '7' => '福島県', 
  '8' => '茨城県',
  '9' => '栃木県', 
  '10' => '群馬県', 
  '11' => '埼玉県', 
  '12' => '千葉県',
  '13' => '東京都', 
  '14' => '神奈川県', 
  '15' => '新潟県', 
  '16' => '富山県',
  '17' => '石川県', 
  '18' => '福井県', 
  '19' => '山梨県', 
  '20' => '長野県', 
  '21' => '岐阜県', 
  '22' => '静岡県', 
  '23' => '愛知県', 
  '24' => '三重県',
  '25' => '滋賀県', 
  '26' => '京都府', 
  '27' => '大阪府', 
  '28' => '兵庫県',
  '29' => '奈良県', 
  '30' => '和歌山県', 
  '31' => '鳥取県', 
  '32' => '島根県',
  '33' => '岡山県', 
  '34' => '広島県', 
  '35' => '山口県', 
  '36' => '徳島県',
  '37' => '香川県',
  '38' => '愛媛県',
  '39' => '高知県', 
  '40' => '福岡県',
  '41' => '佐賀県', 
  '42' => '長崎県', 
  '43' => '熊本県', 
  '44' => '大分県',
  '45' => '宮崎県', 
  '46' => '鹿児島県', 
  '47' => '沖縄県'
);
?>

Viewに下記を追記

create.blade.php
<select type="text" class="form-control" name="area">                          
    @foreach(config('pref') as $key => $score)
        <option value="{{ $score }}">{{ $score }}</option>
    @endforeach
</select>

select、optionタグについて

  • selectタグでプルダウンなどのセレクトボックスを作成できます。
  • optionタグはselectタグとセットて使われ、セレクトボックス内の選択肢について指定します。value属性にプルダウンの項目を記載します。
  • selectタグのtype属性に1行の入力フィールドである'text'を選択。name属性にはこの入力欄の名前を決めて入力します。入力した値(都道府県)をデータベースから取り出すときにこの名前を参照しますので必須項目です。

foreachについて

  • foreach分は今回のような連想配列の場合は下記のような構成になります。
foreach ($array as $key => $value)
  • configディレクトリ下のpref.phpファイルに記載した配列を呼び出したいときはconfig('pref')となります。
$key => $value

は下記に対応します。

'1' => '北海道'
  • valueの値を$keyに設定すると、都道府県名ではなく数字がデータベースに保存されてしまい、この後データを取得する際に数字が表示されてしまうので注意です。

参照

syokichi09
プログラマーという働き方に惹かれて、webエンジニアへの転職に向けて勉強中です! プログラミング学習時に学んだことを忘れない為に、学んだことをoutputしていきます。 まだエンジニアを目指して勉強中の半人前でして、間違いが多々あるかもしれませんが、参考になれば幸いです。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした