Raspberry Pi で OpenCV(リベンジ)

  • 27
    いいね
  • 0
    コメント

前回、OpenCV をインストール後、ブートできなくなってしまったので、Raspbian を再セットアップして、OpenCV のインストールに再チャレンジ

環境

  • Raspberry Pi 2 Model B
  • SDカード 16GB(Class10)
$ cat /etc/debian_version
8.0
$ cat /etc/issue
Raspbian GNU/Linux 8 \n \l

python はインストールされている

$ python
Python 2.7.9 (default, Mar  8 2015, 00:52:26)
[GCC 4.9.2] on linux2

OpenCV のインストール

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install libopencv-dev
$ sudo apt-get install python-opencv

動作確認

webカメラを接続

$ lsusb
Bus 001 Device 006: ID 046d:09a2 Logitech, Inc. QuickCam Communicate Deluxe/S7500

以下の記事のコードを使用して動作確認
Raspberry Piで画像処理ライブラリ”OpenCV”使って”顔認識”試してみた

camera.py
# coding:utf-8

import cv2.cv as cv
import time

cv.NamedWindow("camera", 1)

capture = cv.CaptureFromCAM(0)

# 画像サイズの指定
cv.SetCaptureProperty(capture,cv.CV_CAP_PROP_FRAME_WIDTH,320)
cv.SetCaptureProperty(capture,cv.CV_CAP_PROP_FRAME_HEIGHT,240)

while True:
    img = cv.QueryFrame(capture)
    cv.ShowImage("camera", img)
    if cv.WaitKey(10) > 0:
        break
cv.DestroyAllWindows()

実行

$ python camera.py

webカメラの映像がリアルタイムに表示されるようになった

顔認識

上記の記事と同様に、顔認識を体験してみる

以下のサイトの手順8のファイルをダウンロードして解凍(unzipコマンド)

解凍した2つのファイル

  • facedetect.py
  • face.xml

を Raspberry Pi 上の適当なディレクトリに保存

実行

$ python facedetect.py --cascade=face.xml 0

webカメラの映像が表示され、顔を認識すると、顔を赤線の四角で囲むことが確認できた