【Raspberry Pi 3 Model B】男ひとり酒を飲みながらラズパイと会話したい(第3回)

概要

docomoのAPIや、Open JTalk等を組み合わせれば、ラズパイと会話ができそうなので作ってみました。
第3回はdocomoAPIを使用しての雑談対話です。

参考にしたサイト

前提条件

  • モデル : Raspberry Pi 3 Model B
  • OS : Raspbian Stretch
  • マイク(USB)
  • スピーカー(アナログ)
$ uname -a
Linux raspberrypi 4.14.30-v7+ #1102 SMP Mon Mar 26 16:45:49 BST 2018 armv7l GNU/Linux

雑談対話動作確認

第2回で取得したAPIKEYを使ってとりあえずの動作確認です。

$ python
>>> import requests
>>> import json
>>>
>>> url = "https://api.apigw.smt.docomo.ne.jp/dialogue/v1/dialogue?APIKEY={}".format("メモったAPIKEY")
>>>
>>> utt_content = 'こんにちは'
>>> payload = {'utt' : utt_content, 'context': ''}
>>> headers = {'Content-type': 'application/json'}
>>> r = requests.post(url, data=json.dumps(payload), headers=headers)
>>> response = r.json()['utt']
>>> print "response: %s" %(response)
response: やぁ
>>>
>>> exit()

’こんにちは’に対して何かしらのレスポンスがあれば成功です!

雑談対話でチャット

雑談対話|docomoのページにも記載がありますが、同一のコンテキストID(context)を用いた場合、対話履歴は会話が途切れるまで記憶されるようです。
ということで、参考サイトそのままなので省略。

まとめ

テキスト→音声、音声→テキスト、テキストでの会話ができたので、次回は音声での会話に挑戦します。

記事

【Raspberry Pi 3 Model B】男ひとり酒を飲みながらラズパイと会話したい(第1回)
【Raspberry Pi 3 Model B】男ひとり酒を飲みながらラズパイと会話したい(第2回)
【Raspberry Pi 3 Model B】男ひとり酒を飲みながらラズパイと会話したい(第3回)
【Raspberry Pi 3 Model B】男ひとり酒を飲みながらラズパイと会話したい(第4回)

Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.