【Raspberry Pi 3 Model B】男ひとり酒を飲みながらラズパイと会話したい(第2回)

概要

docomoのAPIや、Open JTalk等を組み合わせれば、ラズパイと会話ができそうなので作ってみました。
第2回はdocomoAPIを使用しての音声認識です。

参考にしたサイト

前提条件

  • モデル : Raspberry Pi 3 Model B
  • OS : Raspbian Stretch
  • マイク(USB)
  • スピーカー(アナログ)
$ uname -a
Linux raspberrypi 4.14.30-v7+ #1102 SMP Mon Mar 26 16:45:49 BST 2018 armv7l GNU/Linux

docomo API利用申請

docomo Developer supportのアカウントが必要なので作成します(とりあえず無料です)。
API利用申請・管理から「雑談対話」と「音声認識【Powered by アドバンスト・メディア】」を申請します。APIkeyが発行されるのでメモります。

事前準備

とりあえずのお約束作業です。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get upgrade

USBマイクの認識

lsusbコマンドでUSBマイクが認識しているか確認します。USBマイクを抜いて実行、挿して実行で増えてればOKでしょう。

$ lsusb

次にUSBオーディオモジュールの優先順位の確認し、最優先に設定します。

$ cat /proc/asound/modules
 0 snd_bcm2835
 1 snd_usb_audio # これがUSBマイク 0であれば最優先だが1なので要変更
$ sudo vi /etc/modprobe.d/alsa-base.conf
options snd slots=snd_usb_audio,snd_bcm2835
options snd_usb_audio index=0
options snd_bcm2835 index=1
$ sudo reboot

~再起動~

$ cat /proc/asound/modules
 0 snd_usb_audio
 1 snd_bcm2835

マイクとスピーカーのデバイスの確認。以下の例だと、マイクは card 0 device 0 、スピーカーは card 1 device 0 らしい。

$ arecord -l # 録音
**** ハードウェアデバイス CAPTURE のリスト ****
カード 0: Device [USB PnP Sound Device], デバイス 0: USB Audio [USB Audio]
  サブデバイス: 1/1
  サブデバイス #0: subdevice #0

$ aplay -l # 再生
**** ハードウェアデバイス CAPTURE のリスト ****
**** ハードウェアデバイス PLAYBACK のリスト ****
カード 1: ALSA [bcm2835 ALSA], デバイス 0: bcm2835 ALSA [bcm2835 ALSA]
  サブデバイス: 7/7
  サブデバイス #0: subdevice #0
  サブデバイス #1: subdevice #1
  サブデバイス #2: subdevice #2
  サブデバイス #3: subdevice #3
  サブデバイス #4: subdevice #4
  サブデバイス #5: subdevice #5
  サブデバイス #6: subdevice #6
カード 1: ALSA [bcm2835 ALSA], デバイス 1: bcm2835 ALSA [bcm2835 IEC958/HDMI]
  サブデバイス: 1/1
  サブデバイス #0: subdevice #0

では、動作確認。

$ arecord -D plughw:0,0 -d 5 -r 16000 -f S16_LE test.wav # 5秒録音 マイクに向かってしゃべってください
$ aplay -D hw:1,0 test.wav # 再生

docomoAPIを使用した音声認識

・・・の前にPython環境整備。

$ sudo apt-get install python-pip
$ sudo pip install requests

メモったAPIKEYとさっきマイクで録音したファイルで音声認識できるかな?

$ python
>>> import requests
>>> path = '/home/pi/test.wav'
>>> url = "https://api.apigw.smt.docomo.ne.jp/amiVoice/v1/recognize?APIKEY={}".format("メモったAPIKEY")
>>> files = {"a": open(path, 'rb'), "v":"on"}
>>> r = requests.post(url, files=files)
>>> print r.json()['text']
こんにちは。
>>> exit()

録音した声がテキストになって出力されれば成功です!!

まとめ

第1回でテキストを音声に、今回の第2回では音声をテキストにできたので、次回は会話に挑戦したいです。

記事

【Raspberry Pi 3 Model B】男ひとり酒を飲みながらラズパイと会話したい(第1回)
【Raspberry Pi 3 Model B】男ひとり酒を飲みながらラズパイと会話したい(第2回)
【Raspberry Pi 3 Model B】男ひとり酒を飲みながらラズパイと会話したい(第3回)
【Raspberry Pi 3 Model B】男ひとり酒を飲みながらラズパイと会話したい(第4回)

Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.