table
ServiceNow

ServiceNowでTableを作成する

概要

ServiceNowで売上テーブルを作成する。日付、取引先、単価、数量、金額を項目として追加する。金額はBusiness Ruleで登録時に自動算出するため、Function Fieldの設定は行わない。

環境

ServiceNow:KINGSTONE

Table追加

Studioの「Create Application File」で「Data Model」「Table」を選択し、Createをクリック。
Labelに「Sales」を入力して、一旦「Submit」をクリックして保存する。
Nameは自動生成される。スクリプトからこんテーブルを扱う場合はこのNameの値を使用することになる。
また、Tableを保存すると自動的に複数のColumnが自動生成される。
これらは、テーブルの共通項目として使用する。下記の種類がある。

名称 説明
Created 作成日
Created by 作成ユーザー
Updated 更新日
Updated by 更新ユーザー
Udates 更新回数
Sys ID システムID

Column追加

ここから、業務で使用するColumnを追加する。
Columnを追加するには、「Tables Columns」のNewをクリックする。
AddColumn.png

今回は下記のColumnの追加を行う。

Label Name(自動生成) Type
Saledate saledate Date
CustomerName customername String(Full UTF-8)
UnitPrice unitprice Currency
Quantity quantity Integer
Price price Currency

SalesColumns.png

入力が完了したら「Update」でテーブルを保存する。

テーブルのレコードを表示する。

Table設定画面の中段位置位に、「Related Links」にいくつかのメニューが表示されている。この中から「Show List」をクリックする。

TableRelatedLinks.png

Show Listをクリックすると、テーブルのレコード一覧画面が表示される。
tablerecords.png

デフォルトの状態では共通項目のCreatedやCreated byは表示されていないが、ギアアイコンをクリックすることにより表示する列の選択が可能だ。

selectcolumn.png

CreatedとCreated byを追加してみた。

addedcolumn.png

レコードを追加する。

レコードを追加するには、レコードの一覧画面のNewをクリックして入力する。

salesnew.png

Submitにより登録後、フォームの左上の戻るボタンで戻る。

recordsaved.png

フォームに共通項目のCreatedなどは無かったが自動的に設定されていることが分かる。

以上でTableの作成は完了だ。