Help us understand the problem. What is going on with this article?

開発組織(Developer Edition)をサインアップした後にやることリスト

More than 3 years have passed since last update.

やることリスト

自分はだいたいこんなことやってますよっ、てやつ。適宜ご参考にして下さい。

1. マイドメインを登録する

なぜかデフォルトの (ap|ap2).salesforce.com のままで使っている人がいまだに多いのだけど、よく慣れたSalesforce開発者は自分用の組織を3桁くらい持っているのが普通であり、そのうちの2,3は同時にログインすることになったりするので、同一ドメインでログインCookieが上書きされるのきついのです。いちいち他のブラウザとか立ち上げてられない。

2. プロファイルのIPアドレス制限を 0.0.0.0 - 255.255.255.255 に設定

たかだかDE組織にいちいちIP制限かけられたくないよ、という場合。これ設定しておくと他人とアカウント共有する場合に毎回承認メールが飛ぶのを防ぐ効果もある。

3. パスワードポリシーの有効期間をNeverに

90日で自動エクスパイアとかうざいので。そもそも強制リセット意味あるのかね。

上記の自動化

上記のうち1以外はMetadata API経由でスクリプト化することが可能。画面開かなくてもコマンドラインでできる。たぶんいちばん楽なのはJSforceのCLIを使う方法。

$ jsforce
> .authorize
logged in as user01@mydemo.example.org
> metadata.update('SecuritySettings',{fullName:'Security',passwordPolicies:{expiration:'Never'}})
{ fullName: 'Security', success: true }
> metadata.update('Profile', {fullName:'Admin',loginIpRanges:{startAddress:'0.0.0.0',endAddress:'255.255.255.255'}})
{ fullName: 'Admin', success: true }

1.もスクレイピングで何とかなりそうだけど、そこまではあまりやりたくない&自動化沼にはまりそう。これぐらいで十分。

ちなみにJSforceの .authorizeコマンドはOAuth2でリフレッシュトークンまで取得できるので、一旦セットアップしておくととても便利です。Zsh環境ならjsforce-zsh-completions使えば接続済みのアカウントから補完できるので

$ jsforce -c admin@
-- connections --
admin@demo01.example.org                        admin@demo02.example.org
admin@mypartner.example.net                     admin@mycustomer.example.com

みたいにして接続先を選んでパスワード要らずのサインインができます。
ただし取得したリフレッシュトークンはOSのファイルに保存されてるので取扱には注意しましょう。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away