Posted at

Amazon WorkDocs 導入


概要

DropBox 的なものを社内で急遽用意しなければならなくなりました。そこで Amazon WorkDocs を使ってみることにしました。今回は、導入編です。

以下でも同様の記事をアップしていますので、よろしければどうぞ。


Amazon WorkDocs その 1 -- 導入


参考サイト


クイックスタート

まずは、AWS のコンソールで、WorkDocs のページを開き、「今すぐ開始する」ボタンをクリックします。

20190125_WorkDocs_01.png

次のページ「 WorkDocs の使用を開始する方法 」で、とりあえず今回はクイックスタートの「起動」ボタンをクリックします。

20190125_WorkDocs_02_クイックスタート01.png

次に、必要事項を記入し、「セットアップの完了」ボタンをクリックします。

20190125_WorkDocs_03_クイックスタート02.png

次のページで、ステータスが「初期化中」と表示されますので、しばらく待ちます。

20190125_WorkDocs_04_プロビジョニング中.png


管理者の設定

ステータスが「有効」になったら、「アクション」ボタンをクリックし、プルダウンメニューの「管理者の設定」 をクリックします。

20190125_WorkDocs_05_管理者設定01.png

次に「ユーザー名」のところに、先ほど登録したメールアドレスを記入して「管理者の選択」ボタンをクリックします。

20190125_WorkDocs_06_管理者設定02.png

次の画面で以下のように表示されれば OK です。

20190125_WorkDocs_07_管理者設定03.png


メール確認

この時点で、先ほど登録したメールアドレスに「 Welcome to Amazon WorkDocs 」という件名で、メールが届いているので、それを開いてみて、「 Get Started! 」ボタンをクリックしてください。

20190125_WorkDocs_08_メール確認01.png


認証情報設定

「 Get Started! 」ボタンをクリックすることによって、ブラウザが開かれ、次のような入力画面になるので、適宜、必要事項を入力してください。

20190125_WorkDocs_09_認証情報設定01.png

「ユーザーの更新」ボタンをクリックして以下のような画面が表示されれば、WorkDocs の導入完了です!

20190125_WorkDocs_10_導入完了.png

以上です。