Edited at

Google Apps Scriptの新しい3つの機能 その① Dashboard

More than 1 year has passed since last update.

最近はGASの記事をあんまり書いてない大橋です。

2018/1/11にGoogle Apps Scriptに新しい3つの機能が追加されました。

https://gsuite-developers.googleblog.com/2018/01/three-new-tools-to-help-improve-your.html?m=1

もうこの機能が、歴戦のGAS Userたちにとって素晴らしいものばかりで、ぜひ紹介したいと思います。


新機能


  1. Dashboard (この記事です)

  2. Apps Script API

  3. CLI Tool clasp

一つ一つが結構しっかりした機能なので記事を分けて説明したいと思います。

まずは1つめのDashboardから


新しいGoogle App Script Dashbaord

https://developers.google.com/apps-script/guides/dashboard

Google Apps Scriptの作成者・管理者向けに新しいApps Script Dashboardが作成されました。

https://script.google.com

※アクセスしてもScript Editorに飛ぶ方は、incognito modeとかだとうまくいきます。 それかブラウザのキャッシュ全部消す必要があるかも

dashbaord.png

新しいDashboardでは主に以下のような機能があります。


  • 既存のGASプロジェクトの閲覧・検索


    • なんとSheetsや、Documentsに紐付いたGAS (Container Bounds Script)も一覧に表示されます。



  • 新しいプロジェクトの作成

  • プロジェクトの詳細の閲覧


    • ↑の画像のように実行数や、OAuth Scopeの参照が可能です。



  • 選択した複数のプロジェクトの監視

  • ログやクラウドプロジェクトへのリンク

  • Apps Script APIのON/OFF


既存のGASプロジェクトの閲覧・検索

本当に今まで欲しかったGASプロジェクトの一覧表示、検索機能があります。

image.png

今までContainer Bounds Scriptは探しづらく、Sheetsや、Documentsを開いてはGASエディターを探すということを繰り返していましたが、探すのがかなり楽になりました。

なお検索も可能ですが、多分名前で検索している感じがします。 中身のコードまでは見てくれないようです。(そこまでやったら神ですが)


新しいプロジェクトの作成

このあたりは普通ですね。 左上の「+ 新規スクリプト」からGASエディターが開きます。


プロジェクトの詳細の閲覧

上に挙げた画像のように、プロジェクトのOAuth Scope、ユーザの利用数、成功失敗数などの情報が閲覧できます。

この画面から、紐付いているコンテナ(SheetsやDocuments)を表示したり、直接GASエディターを表示できます。


選択した複数のプロジェクトの監視

閲覧機能で表示していた各種監視データ(実行数など)を、複数のプロジェクトでまとめてみることが可能です。

リリースしたばかりのプロジェクトとか、利用具合を見たりするのに便利ですね。

また監視とは別機能ですが、実行履歴を見ることも出来ます。

image.png


ログやクラウドプロジェクトへのリンク

小さい機能ですが、簡単にStackdriver Loggingや、コンテナ、クラウドプロジェクトに移動できます。

image.png

一覧からサラッと行けるので、便利ですね


Apps Script APIのON/OFF

そもそもこのDashbaordは Apps Script APIで出来ているらしいです。

つまりは外部からもこのような機能が利用できるということなのですが、外部からこれらのAPIを利用するためにはAPIをONにしなければなりません。

通常はクラウドプロジェクトからONにするはずですが、このダッシュボードからも実行できるようです。

image.png


まとめ

如何でしたか? 新しいGASのDashboardは今まで作る・実行するだけだったGASをより管理しやすく、そして監視しやすくしました。

そしてこれらの機能群は新しいApps Script APIに支えられているようです。

ぜひ新しいDashboardを使ってみてください。

次の記事 → Apps Script API