Help us understand the problem. What is going on with this article?

Power automateでteamsに自動投稿~返信できるようにした話

今回はPowerPlatformを活用して会社の業務改善・・・・をやる予定です。(まだ検証中)
備忘録として書いておきます。

やろうと思ったきっかけ

12月5日~6日にMicrosoft Ignite The Tour Tokyoが開かれていて二日間参加。
https://www.microsoft.com/ja-jp/ignite-the-tour/Tokyo

Azureの話を聞きに来たけどPowerPlatformにかなり力を入れていると感じ、途中からPowerPlatformばかり見てた

メール返信がきたら、最初に投稿したメッセージの返信のところに内容を記載したい。

飛んできたメールをメッセージとして投稿するのはどこのチャットアプリでもできたのですが
その投稿に対して返信を自動投稿することがどこのチャットアプリも簡単ではない
なのでOffice365契約してるしteams使いたい。

コメント 2019-12-12 150135.png

そこでPowerPlatformの出番

teamsのMicrosoft Automate機能のベータ機能がある。
コメント 2019-12-12 133155.png

コメント 2019-12-12 133712.png

メッセージの返信の投稿(V2)という機能を使って自分に届いたメールを引数としてteamsに投稿されている内容を件名で検索し、投稿の返信にかけるように挑戦した。

スクリーンショット 2019-12-14 20.57.12.png
特定のメールだけを抽出したいときは件名で引っ掛ける等で対応

スクリーンショット 2019-12-14 20.58.23.png
変数を3つ用意。名前は何でもいいけど。
・sub
届いたメールの件名の文字列を入れ込む
・id
あとでTeamsのメッセージに対して返信するときにメッセージidを入れ込むときの変数
・tsub
あとでTeamsのチャンネル内のメッセージを読み込んだときにメッセージの件名を入れるための変数

スクリーンショット 2019-12-14 20.59.24.png

スクリーンショット 2019-12-14 21.00.34.png
条件分岐で件名にREがついていたらTeamsにもう投稿されていると判断させて左へ。
いいえの場合はそのままメールの内容をTeamsのチームチャンネルを指定してメッセージを投稿する。
件名を入れておくのが重要
スクリーンショット 2019-12-14 21.01.37.png
はいの場合
Teamsのチャンネルのメッセージを取得。
Apply to eachでループ?を作成。Teamsのメッセージの件名を変数tsubに当てはめる。

スクリーンショット 2019-12-14 21.01.51.png
条件で、先程引き込んだsub(メールの件名)とtsubが一致する場合にTeamsの対象のメッセージIDを変数idに代入する。
empty関数はTeamsのメッセージに件名が入っていない場合に除外する処理。

結果

スクリーンショット 2019-12-14 22.45.57.png

やったぜ

今後は添付ファイルも投げられたりできたらいいなと思ってます。
メッセージに対して返信を簡単にBOT実装できるのは非常に有用ではないでしょうか。

またこの件については改善の余地があるのでいろいろまとまったらまた書こうと思います。

snemesk
Windowsを検証しながらプログラムを書くおじさん 使ってるパソコンはMacOS 電気工事が好き 自分の備忘録を書いてます
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした