Edited at

GNU nanoを使いこなす


nano editorとは

UNIX系にインストールされているテキストエディタです。検索と置換、取り消し/やり直し、シンタックスハイライト、自動インデントなど一通りの機能が揃い、文書作成やコーディングができます。


設定(~/.nanorc)

はじめに設定ファイル(.nanorc)の作成をします。

$cd ~/ # ホームディレクトリに移動

$nano .nanorc # 設定ファイルを作成


.nanorc

set autoindent

# syntax highlightの設定
include "/usr/share/nano/*"

# Colorの設定
set titlecolor white,green
set statuscolor white,green
set keycolor white,green
set functioncolor white,green

# 保存は
# Ctrl+O + Enter



起動のコマンドラインオプション

nano [Option] [File Name] # 起動はnano+オプション+ファイル名

# 使用頻度の高い[Option]
-v # 閲覧モード
-m # マウスを使用可
-B # バックアップファイルの作成
-F # 新しいバッファーでファイルを読む


基本操作のチートシート

移動単位  
キーボード

文字   
方向キー

単語   
Ctrl + 方向キー

行頭   
Ctrl + A

行末   
Ctrl + E

次ページ 
Ctrl + Y

前ページ 
Ctrl + N

文頭 
Alt + \

文末 
Alt + /

任意の行 
Esc + G

検索と置換     
キーボード

後方検索     
Ctrl + W

前方検索     
Ctrl + Q

前方へ続けて検索     
Alt + W

後方へ続けて検索     
Alt + Q

置換     
Ctrl + WR

操作     
キーボード

現在地    
Ctrl + C

word/line/charのカウント
Alt + D

複数行の選択 
Esc + A

選択した領域をインデント 
Tab

選択した領域をアンインデント 
Shift + Tab

一行削除   
Ctrl + K

Back Space  
Ctrl + H

Delete
Ctrl + D

Enter  
Ctrl + M

貼り付け   
Ctrl + U

ファイルの挿入
Ctrl + R

取り消し   
Esc + U

やり直し   
Esc + E

上書き保存     
Ctrl + S

名前をつけて保存     
Ctrl + O

閉じる    
Ctrl + X


インストール

2019 March 24にGNU nano ver4.0が公開されました。大きな変更は自動改行がなくなり、スムーススクロールがデフォルトになりました。その他にも多くの修正がなされています。古いヴァージョンでは取り消し、やり直しが使えません。また検索上位に出てくるnanoエディタのオプションは古くなってきました。UTF8を有効にて最新版の取得をしてドキュメントから主要なコマンドをまとめます。詳しい設定は公式のDocument をどうぞ。

$ cd ~/

$ sudo apt-get install libncursesw5-dev
$ wget https://www.nano-editor.org/dist/v4/nano-4.0.tar.gz
$ tar -zxvf nano-4.0.tar.gz
$ cd nano-4.0
$ ./configure --enable-utf8
$ make
$ sudo make install
$ cd ~/
$ rm -rf nano-4.0*


以前と同じ操作にするためには

nano -bfje [File Name] # if you use like old version


状態切り替え

編集中に   
キーボード

現在値を常に表示
Esc+C

マウスを使用可 
Esc+M

ヘルプを非表示 
Esc+X

現在値を常に表示
Esc+I

マウスを使用可 
Esc+M

ヘルプを非表示 
Esc+X


設定について

設定を変更するときは、

/etc/nanorc

~/.nanorc

のファイルを編集する。


.nanorc

# Settings

set autoindent #インテンドを揃える
set backup #[file name]~で保存
set cutfromcursor #切取を現在地から行末までに
set linenumbers #左端に行表示
set multibuffer #^Rで新しいファイル編集に
set zap #指定範囲を削除可能に
#set nohelp #暗記したら(画面の有効活用)

# syntax highlight
include "/usr/share/nano/c.nanorc"
include "/usr/share/nano/python.nanorc"
include "/usr/share/nano/tex.nanorc"
include "/usr/share/nano/sh.nanorc"
#include "/usr/share/nano/*"
#include "~/.nano/*"

# Color 文字,背景
set titlecolor white,green
set numbercolor white,green
set selectedcolor white,green
#set statuscolor white,green
#set keycolor white,green
#set functioncolor white,green



ファイルブラウザから保存と書き込み

操作    

ブラウザから読込/保存
^R/^O
^T


 Syntax Highlight

git clone https://github.com/scopatz/nanorc.git ~/.nano

を実行したあと、設定ファイルに追記する。」


.nanorc

include "~/.nano/*.nanorc"



最後に

公式のDocumentを読むのは大事です。nanoはVimやEmacsと比べて習熟コストはかかりません。はじめはnanoを使い、慣れたら他のエディタにも手を出してください。


GNU nano公式サイト

https://www.nano-editor.org/docs.php

https://github.com/madnight/nano

Syntax highlight

https://github.com/scopatz/nanorc