Help us understand the problem. What is going on with this article?

cabal sandbox を使った pandoc インストール

More than 5 years have passed since last update.

PandocはHaskellで書かれており、最新版のPandocを利用するには、Haskell PlatformのCabalというパッケージマネージャを用いてビルドする必要があります。

しかし、Cabalは依存関係の解決が苦手で、俗に言うDependency HellやCabal Hellといった依存関係のトラブルに巻き込まれがちです。

最近のHaskell Platformにはsandboxという機能がついており、これを使うと依存関係のトラブルを大きく減らすことができます。
今回は、このsandboxを使ってPandocをインストールしてみましょう。

以下、Unix系OS(Mac, Linuxなど)を前提とします。

1. Haskell Platformをインストールする

既に済んでいる場合は2.へ飛ぶ。

Macの場合(Homebrew)

brew install ghc Haskell Platform

その他の場合

https://www.haskell.org/platform/ からHaskell Platformのインストーラをダウンロードする。

2. Cabal本体をアップグレードする

cabal update
cabal install cabal-install

GHCが古いと言われたら、以下の手順でGHCを削除する。

  • Homebrewの場合はbrew remove ghc Haskell Platformでいけるはず。
  • インストーラを使った場合:
cd /Library/Haskell/bin
./uninstall-hs # バージョン番号を見つける
./uninstall-hs thru <バージョン番号> --remove

3. cabal sandbox をセットアップする

mkdir pandoc
cd pandoc
cabal sandbox init

4. Pandocをインストールする

cabal install pandoc

この後時間がかなりかかるので、コーヒーブレイク。

5. Pandocのバイナリをパスの通ったところに置く

Pandocのバイナリが$(pwd)/.cabal-sandbox/binにできているので、これをコピーするかシンボリックリンクを作成します。

パスの通ったところならどこに置いてもよいですが、下記がおすすめです。
* ~/.cabal/bin (事前にパスを.bash_profileなどに設定する必要あり)
* /usr/local/bin

例えば、シンボリックリンクを作成する場合は以下の通りです:

ln -s $(pwd)/.cabal-sandbox/bin ~/.cabal/bin

以上で完了です。pandoc -vでバージョン情報が表示されたら成功です。

sky_y
『Markdownライティング入門』、日本Pandocユーザ会の人。
https://note.solarsolfa.net/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした