Edited at

さくらインターネットのレンタルサーバーのシェルをcshからzshに変更する

More than 5 years have passed since last update.

さくらインターネットのレンタルサーバー(スタンダードプラン)のログインシェルのデフォルトはcsh(C Shell)なので、zsh(Z shell)に変更した備忘録。

※シェルの種類に関しては → シェル関係の覚書


1)ログインシェルの変更

デフォルトのシェル環境を確認。

/bin/csh と出力され、cshを使用中なのが分かる。

$ echo $SHELL

/bin/csh

使用可能(インストール済み)なシェルの一覧を確認。

/usr/local/bin/zsh とあるので、さくらレンタルサーバーではzshがインストール済み。

$ cat /etc/shells

# $FreeBSD: release/9.1.0/etc/shells 59717 2000-04-27 21:58:46Z ache $
#
# List of acceptable shells for chpass(1).
# Ftpd will not allow users to connect who are not using
# one of these shells.

/bin/sh
/bin/csh
/bin/tcsh
/usr/local/bin/bash
/usr/local/bin/rbash
/usr/local/bin/zsh
/usr/local/bin/rzsh
/usr/bin/passwd

ログインシェルをzshに切り替える。

$ chsh -s /usr/local/bin/zsh

パスワードを求められるので、自分のサーバパスワードを入力。

Password:

更新メッセージが出力されれば完了。

chsh: user information updated


2).zshrcの作成

exit コマンドでログアウトし、再度さくらのレンタルサーバーにログイン。

シェルを変更して初めてのログインなので、下記のメッセージが表示される。

zshの設定ファイル .zshrc を作成したいので、メッセージに従い 0 キーを実行。

This is the Z Shell configuration function for new users,

zsh-newuser-install.
You are seeing this message because you have no zsh startup files
(the files .zshenv, .zprofile, .zshrc, .zlogin in the directory
~). This function can help you with a few settings that should
make your use of the shell easier.

You can:

(q) Quit and do nothing. The function will be run again next time.

(0) Exit, creating the file ~/.zshrc containing just a comment.
That will prevent this function being run again.

(1) Continue to the main menu.

--- Type one of the keys in parentheses ---

以下のコマンドで、 .zshrc ファイルが作成されているのを確認。

$ ls -al


3).zshrcの設定

vimでzshの設定ファイル .zshrc を開く。(vimをインストールしていない場合は vi

$ vim ~/.zshrc

i キーで挿入モードにして、以下を追加。(Macなら普通に Command + c 、Windowsなら Shift + Insert 、もしくは マウスの右クリック でペースト)

※下記は最低限の設定。


.zshrc

# 日本語が文字化けしないよう文字コードを指定

export LANG=ja_JP.UTF-8

# zshにメールチェックをさせない
export MAILCHECK=0


esc:wq キーで保存。以下のコマンドで実行。

$ source ~/.zshrc

再度シェル環境を確認。

/usr/local/bin/zsh と出力されればログインシェルがzshに変更されている。

$ echo $SHELL

/usr/local/bin/zsh


補足

※上記の export MAILCHECK=0 の設定で、zshを実行するたびに下記メッセージが表示されるのを防ぐ事ができる。

zsh: permission denied: /var/mail/example

参考:さくらの共有サーバーでシェルを zsh に変更してから、zsh: permission denied: /var/mail/youraccount と怒られないようにする