Edited at

UIButtonのグラデーション背景をStoryboard上で設定する


はじめに

UIButtonの背景にグラデーションをつける場面があったので、Storyboard上で見た目を見ながら設定できたらいいなと思いUIButtonのサブクラスを作りました。

環境:Xcode10.0, Swift 4


コード

IBDesignableをつけることでStoryboard上で設定できるようになり、設定する変数にはIBInspectableをつけます。

上部の色と下部の色を設定、また枠線の色・太さ、角丸も設定できるようにしてあります。

import UIKit

@IBDesignable
class BGButton: UIButton {

var gradientLayer = CAGradientLayer()

@IBInspectable var startColor: UIColor = UIColor.white {
didSet {
setGradient()
}
}

@IBInspectable var endColor: UIColor = UIColor.black {
didSet {
setGradient()
}
}

@IBInspectable var cornerRadius: CGFloat = 0 {
didSet {
layer.cornerRadius = cornerRadius
setGradient()
}
}

@IBInspectable var borderWidth: CGFloat = 0 {
didSet {
layer.borderWidth = borderWidth
setGradient()
}
}

@IBInspectable var borderColor: UIColor = UIColor.clear {
didSet {
layer.borderColor = borderColor.cgColor
}
}

@IBInspectable var startPoint: CGPoint = CGPoint(x: 0, y: 0.5) {
didSet {
setGradient()
}
}

@IBInspectable var endPoint: CGPoint = CGPoint(x: 0, y: 1) {
didSet {
setGradient()
}
}

private func setGradient() {

gradientLayer.removeFromSuperlayer()

gradientLayer = CAGradientLayer()
gradientLayer.colors = [startColor.cgColor, endColor.cgColor]
gradientLayer.frame.size = frame.size
gradientLayer.frame.origin = CGPoint.init(x: 0.0, y: 0.0)
gradientLayer.cornerRadius = cornerRadius
gradientLayer.zPosition = -100
gradientLayer.startPoint = startPoint
gradientLayer.endPoint = endPoint
self.layer.insertSublayer(gradientLayer, at: 0)
self.layer.masksToBounds = true

imageView?.layer.zPosition = 0

}

}


使い方


  1. 上記コードを BGButton.swift など適当なファイルを作ってコピペしてください。

    スクリーンショット 2015-10-15 13.24.35.png


  2. UIButtonを配置してCustomClassに上記コードのクラスを設定します。

    u.png


上下の色、枠線、角丸、グラデーションの方向をお好みのものに変えます。

※結構時間なく作ったのでおかしなところあるかもです。

あったら教えて下さい。

-- 10/25 追記

imageView設定すると表示されないのを直しました。