More than 1 year has passed since last update.

GitHubのIssue検索でできること

チームメンバのタスク消化量をIssueの検索だけで可視化できないかと思ってIssueの検索についてざっくり調べました。

https://help.github.com/articles/searching-issues/

ざっくりとまとめておきます。

基本

  • スペース区切りで複数条件を指定可。 AND条件。
  • 指定した条件は基本的にはその文字列の全文検索
  • 「:」で区切られた各種フィルターを指定できる

in

文字列がどのフィールドに含まれているかを指定する。

指定できるのはtitle, body, comment。カンマ区切りで複数指定可

  • in:title
  • in:title,body
  • in:comment

is:public / is:private

リポジトリ横断で検索する場合にpublicのみ、privateのみを指定できる

当然、privateは自分がアクセス権を持っているリポジトリのみ

  • is:public
  • is:private

author

IssueまたはPullRequestの作成者

  • author:shunjikonishi

assignee

現在のassignee

  • assignee:shunjikonishi

mentioned

IssueまたはPullRequestでメンションされている人

  • mentioned:shunjikonishi

commenter

コメントした人

  • commenter:shunjikonishi

involves

関係者(author, assignee, mentioned, commenter)すべて

  • involves:shunjikonishi

team

Organizationリポジトリ限定。チームに対するメンション

  • team:code-check/owners

state

openまたはclosedの状態

  • state:open
  • state:closed

label

ラベル。複数指定可。「-」をつけることで、「そのラベルを持たない」という検索条件も指定できる

  • label:bug
  • label:bug label:resolved
  • label:priority -label:bug

no

label, assignee, milestoneを持たない

  • no:label
  • no:assignee
  • no:milestone

language

リポジトリの使用言語?いまいち使い道がわからない

  • language:ruby
  • language:bash の作成者

is

状態。open/closedはstateでも指定できるがどっちでも良い。

  • is:open
  • is:closed
  • is:merged
  • is:unmerged
  • is:pr
  • is:issue

created / updated / mereged /closed

日付時刻での絞り込み

  • created 作成日時
  • updated 更新日時
  • merged マージ日時
  • closed クローズ日時

フォーマットは YYYY-MM-DD または YYYY-MM-DDTHH:MM:SS+09:00

From/Toは不等号または「..」で範囲を指定する

  • created:<2015-04-01
  • updated:>=2015-04-01T18:00:00+09:00
  • merged:2015-04-01..2015-05-01

「..」を使った場合、境界値を含む(らしい)

comments

コメントの数

  • comments:>100
  • comments:500..1000

user / repo

リポジトリ横断検索で特定のユーザ、またはリポジトリに範囲を限定

  • user:shunjikonishi
  • user:shunjikonishi/roomframework

SHA hash

指定の文字列から始まるcommitを持つPullRequest
7文字以上の16進文字列がcommit hashと解釈される(らしい)

  • e1109ab
  • 0eff326d213c

sort

ソート。以下の6つ。commentedはコメント数

  • created-asc
  • created-desc
  • updated-asc
  • updated-desc
  • commented-desc
  • commented-asc

まとめ

mergedByとかcommiterとかあれば最初の目的は検索のみで達成できたと思うが、残念ながらないらしい。

運用カバーとしてmergeまたはcloseの時点でassigneeを適切に設定しておけば、mergedの範囲検索でその期間の開発者のパフォーマンスレビューはできそうな気がする

Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.