Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

Cognos でレポート実行時の送信データをFiddlerで確認する手順

More than 3 years have passed since last update.

概要

この辺りの記事で、Cognosのレポートチューニング時に、Cognosサーバーからクライアントブラウザに送られてくる送信データを解析する事が必要な時があるというコメントをしました。

Cognos BI ドリルスルー使用時のパフォーマンス上の注意点
https://qiita.com/shinyama/items/2fa81dfd42689eb1b407

実際に他のプロジェクトで久しぶりにFiddlerを使ってみたところ、自分でやり方を結構忘れてしまっていたので、備忘録の意味も込めて手順を投稿しておきます。

手順

使用するツールは、Fiddler2です。
フリーのツールなので、ダウンロードしてクライアントPCにインストールしてください。

スタートメニューから、Fiddler2を起動します。
初期画面はこんな感じです。
001.PNG

「Browse」の右側の矢印からプルダウンで「Internet Explorer」を選択します。
002.PNG

そのままCognos AnalyticsのURLを入力し、Cognosにログインします。
003.PNG

レポートを実行します。
004.PNG

プロンプトに「ファックス」と「店頭」を選んで「終了」します。
005.PNG

Fiddler2に戻ってみると、下の方に /bi/v1/reports というURLで出力されているエントリーがあるので、クリックします。
006.PNG

右側のこの文言をクリックします。
007.PNG

下側の「TextView」タブを選択します。
008.PNG

「View in Note」をクリックすると、メモ帳で開きます。
009.PNG

SAKURAエディター等で検索してみると、「ファックス」が大量に繰り返して送信されて来ているのがわかります。
数をカウントしたい時は、「ファックス」を「ファックス」で置換してみると、置換件数が表示されるので便利です。
010.PNG

shinyama
Cognos BI、Cognos TM1、Watson Analyticsなどに、長年従事してきていますので、知ってる情報をできる限り共有したいと思います。 もし、こんな情報を持ってないか?、というようなご質問あれば、お気軽に問い合わせ下さい。 ※投稿された情報はあくまで個人の見解なので、内容に関して責任を負うものではない事はご了承下さい。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away