Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
0
Help us understand the problem. What is going on with this article?
@shinyama

Cognos BI ドリルスルー使用時のパフォーマンス上の注意点

More than 3 years have passed since last update.

概要

Cognos BI & Analyticsで、ドリルスルーを使用する場合の、覚えておいた方が良いパフォーマンス上の注意点です。
ドリルスルーとは、あるレポート上の例えばグラフのバーをクリックすると、クリックしたアイテムの情報を持って他のレポートに遷移する機能です。
Cognosではドリルスルーを設定すると、ドリルスルーの元のレポートのレスポンスが遅くなる事がありますが、その動作を解説します。

説明

例えば、以下のようなレポートがあったとします。
X軸に「年月」、Y軸に「販売数量」、プロンプトに「製品」を置いてます。
普通に実行すると、数秒でレポートが表示されますが、このレポートのグラフ部分にドリルスルーを設定すると、レポートのレスポンスに影響します。
001.PNG

Cognosでのパフォーマンスボトルネックは、データソースであるDB、Cognosサーバー、クライアントPC、と、3つのポイントが考えられますが、この場合のレスポンス影響は、クライアントPC上で現れます。
プロンプトで大量の選択を行い、レポート実行時にクライアントPC上でタスクマネージャーなどでリソースの確認を行うと、大量のCPUとメモリーが消費されている事がわかります。

これはFiddler等で、N/Wのパケットをモニターすると原因が分かるのですが、以下の様な選択されたプロンプトの情報が、ドリルスルーポイント数分繰り返されて送信されてきます。
useValue="151,99,129,128" displayValue="アストロパイロット,アロエクリーム,インフィニティ,インフェルノ&quot

ドリルスルーポイント数とは、何を言っているかというと、例えば上のグラフで赤で囲っている「201001」のバーは、1個のドリルスルーポイントです。
当然、横の「201002」も別のドリルスルーポイントとしてカウントされます。
201001-201012で12個
201101-201112で12個
201201-201212で12個
201301-201307で7個
合計で43個のドリルスルーポイントがこのグラフには存在します。

つまり、このグラフでは先に出た、以下の行が43回繰り返しCognosサーバーからクライアントPCに送信される動作になります。
useValue="151,99,129,128" displayValue="アストロパイロット,アロエクリーム,インフィニティ,インフェルノ&quot

ここまで分かれば、レポート開発経験がある方であれば、何を注意してレポートを作成すれば良いかお分かりになるかと思います。
例えば、X軸を「年月」ではなく「年月日」になっているようなレポートでは、ドリルスルーを設定するとさらに影響は顕著になり、プロンプトでより長い製品名称を扱ったり、大量のプロンプト選択をした場合は、これも影響が顕著に出ます。

この動作を理解しておいて頂ければ、レポートを開発してみてテスト局面でレスポンスを計測する前に、レポート設計の段階で注意すべきレポートかどうか判断ができます。

また、
・グラフでドリルスルーをやるのではなく、X軸の「年月」のプロンプトも別途作っておき、ドリルスルーボタンを1個配置してドリルスルーポイント数を抑える
・初期表示はX軸の範囲を「年月」レベルに留めておき、「日」はドリルダウンした場合に対象の月の中の日にちだけを表示して、ドリルスルーポイント数を抑える
・プロンプトでは略称を使ったり、displayValueを使わずにuseValueだけにする
など、色々な回避策を早めに打つ事ができます。

Cognosレポート開発でドリルスルーを使用する際には、是非この動作を頭に入れてレポート設計をご検討下さい。

0
Help us understand the problem. What is going on with this article?
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
shinyama
Cognos BI、Cognos TM1、Watson Analyticsなどに、長年従事してきていますので、知ってる情報をできる限り共有したいと思います。 もし、こんな情報を持ってないか?、というようなご質問あれば、お気軽に問い合わせ下さい。 ※投稿された情報はあくまで個人の見解なので、内容に関して責任を負うものではない事はご了承下さい。

Comments

No comments
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account Login
0
Help us understand the problem. What is going on with this article?