Edited at

Golangで、ファイル一覧取得(最新順出力)

More than 3 years have passed since last update.

package main

import (
"flag"
"fmt"
"io/ioutil"
"os"
"path"
"sort"
)

type FileInfos []os.FileInfo
type ByName struct{ FileInfos }

func (fi ByName) Len() int {
return len(fi.FileInfos)
}
func (fi ByName) Swap(i, j int) {
fi.FileInfos[i], fi.FileInfos[j] = fi.FileInfos[j], fi.FileInfos[i]
}
func (fi ByName) Less(i, j int) bool {
return fi.FileInfos[j].ModTime().Unix() < fi.FileInfos[i].ModTime().Unix()
}

// 指定されたファイル名がディレクトリかどうか調べる
func IsDirectory(name string) (isDir bool, err error) {
fInfo, err := os.Stat(name) // FileInfo型が返る。
if err != nil {
return false, err // もしエラーならエラー情報を返す
}
// ディレクトリかどうかチェック
return fInfo.IsDir(), nil
}

func main() {
var arg string

// -fオプション flag.Arg(0)だとファイル名が展開されてしまうようなので
flag.StringVar(&arg, "f", "", "SearchPattern")
// コマンドライン引数を解析
flag.Parse()

// カレントディレクトリの取得
var curDir, _ = os.Getwd()
curDir += "/"

// 引数が取得できなければ、カレントディレクトリを使用
if arg == "" {
arg = curDir
}

// ディレクトリとファイル名に分割して格納
var dirName, filePattern = path.Split(arg)

// ディレクトリが無いならばカレントディレクトリを使用
if dirName == "" {
dirName = curDir
}

// 取得しようとしているパスがディレクトリかチェック
var isDir, _ = IsDirectory(dirName + filePattern)

// ディレクトリならば、そのディレクトリ配下のファイルを調べる。
if isDir == true {
dirName = dirName + filePattern
filePattern = ""
}

// ディレクトリ内のファイル情報の読み込み[] *os.FileInfoが返る。
fileInfos, err := ioutil.ReadDir(dirName)

// ディレクトリの読み込みに失敗したらエラーで終了
if err != nil {
fmt.Errorf("Directory cannot read %s\n", err)
os.Exit(1)
}

// ファイル情報を一つずつ表示する
sort.Sort(ByName{fileInfos})
for _, fileInfo := range fileInfos {
// *FileInfo型
var findName = (fileInfo).Name()
var matched = true
// lsのようなワイルドカード検索を行うため、path.Matchを呼び出す
if filePattern != "" {
matched, _ = path.Match(filePattern, findName)
}
// path.Matchでマッチした場合、ファイル名を表示
if matched == true {
fmt.Printf("%s\n", findName)
}
}
}

次回は説明を交えて、綺麗に分割していきます。