Help us understand the problem. What is going on with this article?

composerのrequireコマンドでパッケージを後から追加する

More than 3 years have passed since last update.

開発途中でcomposerのパッケージを追加で入れる場面があった際に
composer.jsonに追記して composer update でもいいのですが
そうすると関係無いライブラリの更新まで入ってしまうので
そうしたくない場合もあると思います。

その場合はコマンドでやるとcomposer側がよしなにやってくれるので
そのやり方のメモです

追加方法

パッケージを後追いで追加したい

コマンドでやる場合は
composer require {パッケージ名} で行います。
仮に入れたいパッケージ名が hoge/huga の場合

$ ~/composer/composer.phar require hoge/huge

この場合は当該パッケージのみを入れ込み、またcomposer.jsonにも追記してくれます。

なお、hoge/hugeにあたるパッケージ名の一覧は
Packagistから探す。

バージョン指定してパッケージを後追いで追加したい

古いバージョンのモジュールを使う必要がある、というような場合にはバージョン指定で入れる。
composer require {パッケージ名}:{バージョン番号} で行います。
下記はhoge/hugaの2.6.30のバージョンを入れたい場合の例。

$ ~/composer/composer.phar require hoge/huge:2.6.30

バージョン番号もPackageistにあるのでそこを参考に。

参考

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした