Help us understand the problem. What is going on with this article?

CoreAudio関連のAppleのサンプルプロジェクト、ドキュメント

More than 5 years have passed since last update.

自分のメモ用として、iOSのCoreAudio関連のAppleのサンプルプロジェクトへのリンクをまとめていきます。

System Sound Services

プロジェクト名 内容
Audio UI Sounds (SysSound) 「System Sound Services」のデモ。アラートの再生やUIのサウンドエフェクトの再生、バイブレーションの使用。
aurioTouch2 オーディオ入出力を処理するための「AURemoteIO」のデモ。
GLPaint 「OpenGL ES」を使用したペイントアプリのデモ。(サウンドエフェクトの再生に「System Sound Services」を使用)

audio processing graph

プロジェクト名 内容
Sampler Unit Presets (LoadPresetDemo) サンプラーAudioUnitを含むAUGraphの作り方のサンプル

ドキュメント

Audio Unit Hosting Guide for iOS

iOSは、ミキシング、イコライジング、フォーマット変換、記録、再生、オフラインレンダリング、およびVoIPをサポートするためのオーディオ処理プラグインを提供しています。「audio unit」と呼ばれる強力で柔軟なプラグインを動的にロードして、使用することができます。

Core MIDI Framework Reference

コアのMIDIフレームワークは、MIDIハードウェアのキーボードやシンセサイザーなどのデバイスと通信するためのAPIが用意されています。

ドキュメント(日本語)

Core Audioはバージョン2.0以降のiOSで使用できます。 この文書では、iOS 2.2およびOS X v10.5の時点で使用できるCore Audioの機能について説明します。

ドキュメント(Mac Developer Library)

関連記事

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした