Xcode関連の不要ファイルを削除してディスクスペースを節約

More than 1 year has passed since last update.


注意

この記事の内容は古くなってしまっています。

内容をアップデートした記事はこちらにあります。(2016/12/29 更新)


はじめに

起動ディスクの空きスペースが10GBを下回っていたので、以下のページを参考にどのファイルがたくさんのディスク容量を使っているのかを調べてみました。

どうやらXcode関連のファイルがたくさんのディスク容量を使っているようだったので、以下の場所を確認してみました。

(実際にファイルを削除する場合は自己責任でお願いします。)


 Archives

アプリ申請時や配布用のipa作成時などにProduct -> Archiveを実行しますが、その時に作成されるデータが以下の場所にあります。XcodeのOrganizerのArchivesタブからも確認できます。


  • ~/Library/Developer/Xcode/Archives

デバッグ情報なども含まれているためipaファイルよりサイズが大きいようです。

保存し続ける必要がなければ削除します。XcodeのOrganizerのArchivesタブから削除することもできますし、finderで上記フォルダを開き、まとめて削除することもできます。


 DerivedData

DerivedDataは以下の場所にあります。OrganizerのProjectsタブでも確認できます。


  • ~/Library/Developer/Xcode/DerivedData

DerivedDataはプロジェクトごとに作成され、プロジェクトのインデックスやビルド時の生成物、ログを含みます。これらは再びプロジェクトを開いた際に再生成されます。

XcodeのOrganizerのProjectsタブから削除できます。

finderで上記フォルダを開き、まとめて削除することもできます。


 Device Logs, Screenshots, Software Images

Device Logs、Screenshots、Software Imagesは以下の場所に保存されています。私の環境では、Software ImagesフォルダにiOSのベータ版をインストールした際のipswファイルが10個ほど存在し、20GBくらいのサイズになっていました。スクリーンショットを撮った際の画像ファイルも数が多いと結構な容量になります。

項目
保存場所

Device Logs
This

Screenshots
Library/Application Support/Developer/Shared/Xcode/Screenshots

Software Images
Library/MobileDevice/Software Images


 iOS DeviceSupport

iOSデバイスを接続した際に、以下の場所にデータが生成されます。

デバイスとOSバージョンごとに生成されるようで、私の環境では合計サイズが14GBになっていました。接続したデバイスの機種とバージョンに該当するファルダがない場合は生成されるようです。


  • ~/Library/Developer/Xcode/iOS DeviceSupport/


 iPhone Simulator Apps

iOSシミュレーターにインストールしたアプリケーションは、以下のフォルダ内に保存されています。不要なアプリケーションを削除することでディスクの使用容量を削減できます。私の環境では200MB程度のサイズでした。


  • ~/Library/Application Support/iPhone Simulator


 参考、関連ページ


Apple Documents