CentOS
Eclipse
キーボード設定

CentOSでeclipse開発を始めたが、入力言語を日本語に変えるのにハマッた

CentOS内にインストールしたeclipseで開発を始めてみてから気付いたことがあった。
キーボードの設定が日本語に変わらない! キーボード設定を日本語に変更したが変わらず、コンソール上で設定ファイルまわりを確認しながら、グダグダ時間が過ぎてしまった。。。

環境

VMware Player6.0.7
CentOS6.9
Eclipse-4.7.2

対処法

キーボード配列を変えるだけでなく、IBusによる入力設定が必要だった。必要パッケージをインストールしIBus-Anthyにより日本語へ変更出来るように設定した

作業手順

パッケージのインストール

# yum install i-bus
# yum groupinstall "Japanese Support"

設定

i-Busの設定

画面上部「システム」→「設定」→「入力メソッド」を押下
表示されたポップアップより、入力メソッドの個人設定を押下
https://gyazo.com/8eb58e9c5524a68cba20efa7dccfbfc3
https://gyazo.com/cda4e21b8e8a93622d6a40f83d59d2a7

「インプットメソッド」タブより日本語-Anthyを選択し、追加を押下
https://gyazo.com/9eda653095bba97e51c7f65399291b7b

キーボードレイアウトの設定

画面上部「システム」→「設定」→「キーボード」を押下
表示されたポップアップより「レイアウト」タブを押下
https://gyazo.com/45d6e76070561ab746fce9dd1423ff5b

追加を押下し、日本語を選択
https://gyazo.com/2d68354ecbdd08d0d8cb4ee9f8d1ff8a

国別、言語別を日本に設定し、デフォルトのラジオボタンをチェック
https://gyazo.com/d9372633d499d4cba9ebbd6c7179f703

これで、半角/全角ボタンで日本語入力に変更でき、またキーボードの入力ボタンもWindowsと同じ感覚で入力できるようになった。