Help us understand the problem. What is going on with this article?

SketchのCommand+Dを使い倒す

More than 1 year has passed since last update.

Sketch Advent Calendar 2017 23日目の記事です

みなさんはSketchのCommand+Dでアートボードの複製をしますか?
僕は頻繁にCommand+Dをしています。
Command+Dでアートボードをサクサク複製できるところは、Sketchの好きなところの一つです。

SketchのCommand+Dで様々なパターンを作成して、修正と見え方の確認、どれがベストか検証することがとても早くなりました。

方法

デザインがある段階まで進んだと仮定します。
スクリーンショット 2017-12-23 16.42.58.png

アートボードを選択して、Command+Dで複製します。
スクリーンショット 2017-12-23 16.46.50.png

変更して、前のデザインと比較します(グレーの背景をつけました)。
スクリーンショット 2017-12-23 16.47.23.png

これで進めていこうと思ったのであれば、2枚目のアートボードをCommand+Dして、3枚目を修正していきます。(ボタンの位置を変更しています)
スクリーンショット 2017-12-23 16.51.02.png


履歴を残していくように複製していくと、なぜこのデザインになっていったのか、というデザインの理由を整理しやすくなります。
先方やディレクターからデザインの修正依頼が新しく届いたとき、前の履歴に修正内容が当てはまるデザインパターンを試して残っていることもあり、「依頼内容を反映させてみたバージョンもあるのですが、○○や△△に問題がありましたので、このように修正していきました」のような説明をすることもあります。


次はグレー背景なしの段階から、構成を少し変更したバージョンを作成したくなったと仮定します。
一枚目をCommand+Dして複製します。1枚目が4枚目の場所に複製されます。
スクリーンショット 2017-12-23 16.54.00.png

別の構成バージョンということで2枚目の下に配置して修正します。(3×1から2×2の列にして画像の横にテキストを置きました)
スクリーンショット 2017-12-23 16.55.39.png

良さそうであれば、Command+Dをして複製して修正していきます。
スクリーンショット 2017-12-23 17.31.24.png

gitのブランチのようなイメージを持っていただくと分かりやすいです。
スクリーンショット 2017-12-23 18.38.12.png

微妙だなって思ったら、前の履歴に戻りデザインをやり直すことがすぐにできます。
スクリーンショット 2017-12-23 18.37.49.png

様々なバージョンをパパッと作成し、確認と修正を高速で回せるところが良いところです。
データは散乱しがちですが、同じSketchファイルの中ですぐに前のバージョンに戻れる、というのが速さを生み出します。
スクリーンショット 2017-12-23 16.19.30.png

最後に

この手法を用いるとたまにSketchがものすごく重くなるときがあるのですが、その時は入らないアートボードを削除したり、新しいSketchデータに最新のアートボードをコピペして一新しています。

上記の例はかなり細かい粒度でCommand+Dしていますが、実際にはもっと大胆に構成を変更しようと思った時、変更内容を前のデザインと慎重に比較して確認しながら進めたい時、ある箇所のデザインが一区切りついた時などにCommand+Dをすることが多いです。

初めの案出しのときなど、多くのバージョンを作成しなければならないデザイン初期段階で威力を発揮すると思います。

Sketchの中身が散乱するデメリットはありますが、Command+Dを使い倒すようになってから、制作スピードがすごく上がりましたのでオススメです。

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away