Scala
sbt
gitbash

Windowsでsbt!@Git Bash

More than 3 years have passed since last update.

WindowsのGit Bashでsbtを使う手順のまとめ。

実行環境

  • Windows 8.1
  • Java 1.8.0_60
  • Scala 2.11.7
  • sbt 0.13.9
  • Git Bash 2.6.1.windows.1

sbt関連ファイルの修正

sbtインストールフォルダ配下の以下のファイルを編集することで、Git Bashに出力されるメッセージを日本語化することが可能。

  • conf/sbtconfig.txt
  • bin/sbt

sbtconfig.txtの編集

sbtconfig.txtに「-Dfile.encoding=UTF-8」を設定し、Java 8では不要なMaxPermSizeオプションをコメントアウトする。

sbt\conf\sbtconfig.txt
# Set the java args to high

-Dfile.encoding=UTF-8

-Xmx512M

# -XX:MaxPermSize=256m

-XX:ReservedCodeCacheSize=128m

# Set the extra SBT options

-Dsbt.log.format=true

sbtの編集

Windowsのsbtスクリプトは、sbtconfig.txtを使っていない。

sbtコマンドを実行するとコンソール上にsbtconfig.txtが見つからないというエラーが出ていると思います。

sbtconfig.txtの設定値を有効にするため、sbtファイルの以下の個所を修正する。

  • 143行目辺りのコメントアウトされたJAVA_OPTSをアンコメントする。
  • WDIR変数が宣言されていないので、「WDIR=${sbt_home}」をJAVA_OPTSの行より前に追加する。
  • JAVA_OPTS中のsbtconfig.txtのパスに「/conf」を追加する。
sbt\bin\sbt
# -- Windows behavior stub'd
WDIR=${sbt_home}
JAVA_OPTS=$(cat "$WDIR/conf/sbtconfig.txt" | sed -e 's/\r//g' -e 's/^#.*$//g' | sed ':a;N;$!ba;s/\n/ /g')

Eclipseプロジェクトを作る(sbt eclipse)

Eclipseのプロジェクトファイルを作成するsbt eclipseコマンドを実行するためには、C:\Users\ユーザ名\.sbt\0.13\plugins にplugins.sbtファイルを作成して、以下を記述しておく必要がある。

.sbtフォルダは環境変数HOMEを定義していても、ユーザフォルダ直下にできるようです。

plugins.sbt
addSbtPlugin("com.typesafe.sbteclipse" % "sbteclipse-plugin" % "4.0.0")

その後、Eclipseプロジェクトを作成するフォルダ配下(build.sbtファイルがあるフォルダ配下)でsbt eclipseを実行すると、Eclipseプロジェクトを作成することができる。

おまけ

文字化け解消がうまくいっているか確認したい場合は、以下のリポジトリを利用してみてください。

sora_api_client_scala_sample

うまくいくと、2015年の秋アニメ情報が取れますよ!
今期は「すべてがFになる」がおすすめです。

Sora APIについて詳しく知りたい方は以下をどうぞ!
http://qiita.com/AKB428/items/64938febfd4dcf6ea698