Help us understand the problem. What is going on with this article?

#TinySpec2019 東京/大阪の発表まとめ & 今後の Slack 開発者向けイベント

#TinySpec2019

Tiny Spec とは 10/22-23 にサンフランシスコで開催した Slack の自社技術カンファレンス Spec 2019 を世界各地でミートアップ形式で開催しようという Slack Platform Community (SPC) の取り組みでした。世界中の多くの都市で開催され、大変盛り上がりました。

ちなみに Tiny Spec という名前は、Spec の小規模版というそのままの意味だけでなく、Slack Technologies の前身は Tiny Speck という社名だったことにもちなんでいたります。

開催前に書いたこちらの Qiita 記事も見てみてください。

Slack Platform Community (SPC)

「そもそも Slack Platform Community (SPC) って何?」と思われた方も多いかと思います。

SPC は Slack が支援する Slack プラットフォームを活用する方々のためのコミュニティです。都市ごとのローカルコミュニティのことをチャプター(Chapter) と呼んでおり、各チャプターにはコミュニティの形成・イベントのオーガナイズなどでリーダーシップを発揮するチャプターリーダーがいます。チャプターリーダーは立候補制ですので、Slack への情熱さえあれば、どなたでもなることができます。

Slack Platform Community には Slack のワークスペースがあります。こちらの招待リンクからご参加ください。参加されたら、まず以下のチャンネルに入ってみるとよいかと思います。

  • #lang-japanese
  • #spc-tokyo-chapter
  • #spc-osaka-chapter
  • #slack-api (shared channel with Bot Developer Hangout Workspace)

大阪のチャプターリーダー募集中!

アジアでは、2019/11 時点で以下のようなチャプターがすでに存在しています。

日本には、東京と大阪が存在しています。が、実は大阪については現在チャプターリーダー募集中です!

大阪は、今回の Tiny Spec 開催のためにチャプターページはつくったのですが、私が暫定的にイベントオーガナイザーをしている状態なのです。

立候補したいという方は、こちらのページの「Apply to lead a chapter」リンクから申し込んでください。

英語が苦手という方も日本については私がサポートしておりますので、チャレンジしてみてください。また大阪だけでなく、他の都市も Slack コミュニティを運営したいという方もお待ちしています。日本にもっとチャプターができるといいなと思っています :smiley:

Tiny Spec 2019 を東京・大阪で開催しました

さて、本題ですが、この Tiny Spec というイベント、日本は東京と大阪の二箇所で開催されました。

大阪は Slack Japan が拠点を構えることになった WeWork LINKS Umeda のイベントスペースをお借りして開催しました。イベント登録者の方だけでなく、WeWork メンバー(入居者)の方々もたくさん来てくださり、約 60 名の方に集まっていただきました。

東京は、大手町の Slack Japan のオフィスで開催しました。実に 85 名以上の方が参加され、Slack Japan で開催したディベロッパーミートアップでは、参加者数でみても過去最大のイベントになりました。

当日の様子や写真などは Twitter ハッシュタグ #TinySpec2019 (日本語)Togetter でのまとめをチェックしてみてください。

発表資料

両イベントともに Slack HQ で Developer Advocate をつとめる @girlie_mac が Spec でのアップデートや Slack Platform の概要について概説し、私は Spec で発表された新しい機能についてコード例を交えて紹介しました。また HQ から来ていた Brook が自身が関わった Salesforce 公式連携アプリ について紹介しました。

また、ゲストスピーカーが大変豪華で、大阪ではクラスメソッドの岩田さん、東京では Speee の @y_hatt さん、メルカリの @catatsuy さんにそれぞれ登壇いただきました。お忙しい中、本当にありがとうございました。

以下に公開されているスライドのリンクをまとめておきました。参考にしてみてください。

今後のイベント予定

SPC 東京チャプターは定期的にイベントを開催していく予定です。以下のいずれかでメンバーになっておけば、イベント公開時に通知が来ます。

SPC 大阪チャプターは、上でも書いた通り、チャプターリーダーを募集中です!!!「我こそは」という方は、上記の立候補フォームから申し込んでいただければと思います。グローバルの担当で受けた後は私がやりとりさせていただきます。「興味はあるけど、もう少し知ってから申し込みたいかも・・?」という方は Twitter の @seratch_ja への DM などの手段でご連絡いただいても結構です :smile:

上記のコミュニティとは別で Slack 日本法人の Developer Relations が主催するイベントやワークショップはこちらの connpass アカウントで公開します。ご興味あれば登録しておいてください。

直近だと、まだ日程調整中ですが、 12 月と 1 月に Slack の東京オフィスで Slack API 初心者向けのワークショップを開催する予定です。少人数で丁寧にレクチャーします。9 月末に福岡で開催したものをさらにアップデートして開催する予定ですので、ぜひご期待ください :muscle:

Tiny Spec のプレゼン資料にもありますように Spec では様々な機能の発表がありました。秋の夜長に試してみてください :wave:

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away