LoginSignup
0

More than 1 year has passed since last update.

APIトークンなしでslackの絵文字(emoji)を一括エクスポート&インポートする

Last updated at Posted at 2021-08-13

はじめに

Slackの絵文字を一括エクスポートする方法で、SlackのAPIトークンを取得して行う方法があります。

ですが、APIトークンの取得面倒くさいよくわからないという方(私です)向けに、APIトークンなしで一括エクスポートする方法を紹介します。

Slackにログインさえしていればできます。

対象読者

  • ブラウザでデベロッパーツールが扱える(わからない方はこちら
  • node.jsの実行ができる(参考コードはありませんが他言語でも可)

やり方

1. ワークスペースの絵文字を一覧取得する

Slackの左上のワークスペース名をクリックし、ワークスペースのカスタマイズをクリックします。
スクリーンショット 2021-08-14 0.27.53.png

すると次のような絵文字管理画面がブラウザで開かれるので、ネットワークを開いて「emoji list」と検索してください。emoji.listへのPOSTリクエストがあり、その応答にJSON形式で全ての絵文字があります。この「emoji」の項目を右クリックしてコピーしてください。

スクリーンショット 2021-08-14 0.37.06.png

そしてemojis.jsonというJSONファイルにして保存します。

emojis.json
{
  "emoji": {
    "hoge": "https://emoji.slack-edge.com/TAXXXXXXX/10/XXXXXXXXXXXXX.png",
    "fuga": "https://emoji.slack-edge.com/TAXXXXXXX/11/XXXXXXXXXXXXX.png",
    ...
    "piyo": "https://emoji.slack-edge.com/TAXXXXXXX/12/XXXXXXXXXXXXX.png"
  }
}

2. 全emoji画像のダウンロード

あとは先ほど保存したJSONに記載されている全画像をスクリプトでダウンロードしてあげるだけです。ここではnodeを用いますが、pythonでもシェルスクリプトでもお好きなものでOKです。

先程のJSONがおいてあるフォルダで、node環境を構築します。nodeがインストールされてない方はインストールしてください。
(新しく空のフォルダを作ってそこでやるのが良いです)

npm init
npm install request fs

そして、次のスクリプトを作ります。

dl.js
const fs = require("fs");
const request = require("request");

// jsonファイルを読み込む
const json = JSON.parse(fs.readFileSync("emojis.json", "utf8"));

var download = function (uri, filename, callback) {
  request.head(uri, function (_, res) {
    if (res.statusCode === 200) {
      request(uri).pipe(fs.createWriteStream(filename)).on("close", callback);
    } else {
      console.log("failed: ", filename);
    }
  });
};

Object.keys(json.emoji).forEach((name) => {
  const url = json.emoji[name]; // 画像URL

  // Objectの場合はaliasなので無視
  if (typeof url === "string") {
    const extension = url.match(/\..{3}$/); // 拡張子
    const filename = name + extension; // ファイル名

    // ダウンロード
    download(url, filename, function () {
      console.log("success: ", filename);
    });
  }
});

これを実行します。

> node dl.js
success: hoge.png
success: piyo.png # 成功
failed: fuga.png # 失敗
... 

ソースコードと同じディレクトリに絵文字がダウンロードされていきます。
失敗したらそのファイル名と一緒にfailedと表示されます。

3. 一括インポート

こちらのエクステンションを用いて、slackへ絵文字の一括アップロードが可能です:
Chromeエクステンション
Firefoxエクステンション

エクステンションを有効にすると、絵文字管理画面に次のような一括アップロード画面が表示されます。この枠内に絵文字をまとめてドラッグ&ドロップするだけで一括インポートできます。

スクリーンショット 2021-08-14 1.20.53.png

例外

emoji.listが見つからない

ステップ1のネットワークで、今回利用したemoji.listがないケースもあります。そのときは、emoji.adminListを用いてください。ただし注意点があり、emoji.adminListは一回のリクエストで100件しか返ってきません。100件以上ある場合は、一度ページ上の絵文字一覧を一番下までスクロールして全件取得してください。するとネットワークにemoji.adminListのリクエストが必要回数分(300個の絵文字があるなら3件)表示されます。それぞれの応答をコピーペーストして、1つのjsonにまとめてください。またこの場合、jsonの形式が違うのでスクリプトに変更が必要です。次のスクリプトを用いてください。

emojis.json
{
  "emoji": [
    {
      "name": "hoge",
      "is_alias": 0,
      "alias_for": "",
      "url": "https://emoji.slack-edge.com/TBXXXXXX/XXXXXX/XXXXXXXXXXXXXXX.png",
      "created": 1563092873,
      "team_id": "XXXXXXXX",
      "user_id": "XXXXXX",
      "user_display_name": "XXXX",
      "avatar_hash": "XXXXXXX",
      "can_delete": false,
      "is_bad": false,
      "synonyms": []
    },
    ...(略)
    {
      "name": "hoge",
      "is_alias": 0,
      "alias_for": "",
      "url": "https://emoji.slack-edge.com/TBXXXXXX/XXXXXX/XXXXXXXXXXXXXXX.png",
      "created": 1563092873,
      "team_id": "XXXXXXXX",
      "user_id": "XXXXXX",
      "user_display_name": "XXXX",
      "avatar_hash": "XXXXXXX",
      "can_delete": false,
      "is_bad": false,
      "synonyms": []
    }
}
dl.js
const fs = require("fs");
const request = require("request");

const json = JSON.parse(fs.readFileSync("emojis.json", "utf8"));

var download = function (uri, filename, callback) {
  request.head(uri, function (_, res) {
    if (res.statusCode === 200) {
      request(uri).pipe(fs.createWriteStream(filename)).on("close", callback);
    } else {
      console.log("failed: ", filename);
    }
  });
};

json.emoji.forEach((emoji) => {
  const url = emoji.url; // 画像URL

  // aliasじゃない場合のみ実行
  if (emoji.is_alias === 0) {
    const extension = url.match(/\..{3}$/); // 拡張子
    const filename = emoji.name + extension; // ファイル名

    // ダウンロード
    download(url, filename, function () {
      console.log("success: ", filename);
    });
  }
});

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
0