Help us understand the problem. What is going on with this article?

Windows 10のライフサイクルを調べた

More than 3 years have passed since last update.

Windows 10 Pro/Entの企業向けの話です。Windows 8.1までのライフサイクルと異なるため調べました。

Windows 10 を企業で導入する場合は、Windows as a Service(WaaS)を理解しなければなりません。Windows 7 の移行が全社プロジェクトになるような企業は要注意です。

Windows 10 は従来のSP(サービスパック)に相当するOSビルドバージョンが存在します。例えば、2015年7月にリリースしたビルドは、1507と呼ばれます。 現在、1507、1511、1607のビルドバージョンが存在します。

Windows 10 は Windows Update の時期を遅れせることができます。こちらは、Windows 10のサービスモデルに従います。このほかにも、より最新の機能を利用したい開発者向けの Insider Program をリリースしています。

Windows 10 のサービスモデル
■ CB(Current Branch)
コンシューマー向け
ライフタイムサイクルの最短 4ヶ月
CBBリリース後に、CBBと置き換えて公開終了
■ CBB(Current Branch Business)
ビジネス向け
ライフサイクルの最短8ヶ月
次の次のビルドのCBBがリリースしたらサポート終了(次の次のビルドのCBBがリリースしたら更新プログラムが提供されなくなる)
■ LTSB
長期供給モデル
Windows 10 ENt + SA契約

こちらの表が、Windows 10のライフサイクル

Windows 10 ビルド CBリリース日 CBBリリース日 CB提供終了日 CBBサポート終了日 LTSBサポート終了日
Windows 10 1507 2015/7/29 2015/7/29 なし 1611 CBBリリース日 2025/10/14
Windows 10 1511 2015/11/12 2016/4/8 2016/4/7 RedStone2 CBBリリース日 なし
Windows 10 1607 2016/8/2 まだ まだ RedStone3 CBBリリース日 未定
RedStone 2
RedStone 3

【参考】
https://technet.microsoft.com/ja-jp/windows/release-info
https://blogs.msdn.microsoft.com/nakama/2016/08/18/win10waas-part3/

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away