Help us understand the problem. What is going on with this article?

AWSのLambdaのタイムゾーンをUTCからJST(東京)に変更

More than 1 year has passed since last update.

今回のお題

CloudWatchで定期的にLambdaを実行して、Slackにメッセージを送信する
こちらで、LambdaでSlack送信をしたんですが、その際にdatetime.now()を使用して、現在時間をメッセージに送信するLambda関数を作って見ました。
しかし、表示される時間がUTC基準でして、9時間前の時間が表示されたので、これをどうにかしないとなと思いました。

方法

Lambdaも実際はAmazon Linuxでの実行であるならば、確か環境変数にタイムゾーンなかったっけ?と思い、Linuxの環境変数についてグーグル検索。
検索ワード:[Linux タイムゾーン 環境変数]
はい、でました。こちらを参考にしました。
【設定確認から変更方法まで】Linuxでのタイムゾーンの扱い方
TZに対して、Asia/Tokyoを設定すればいいようですね。
なので、
スクリーンショット 2017-11-17 0.18.34.png

これでいけるのではないでしょうか?
Lambdaの実行処理は、上記の記事のままです。
早速テスト実行しました。

大成功です

スクリーンショット 2017-11-17 0.19.55.png
Slackに出ている時間と、メッセージで出ている時間が一致してますね。
これでLambdaの時間処理は問題なさそうです。

次は、CloudWatchのタイムゾーン変更について調べます...

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away