efo
ユーザビリティ
サイト改善

フォーム改善、その前に。読んでおきたい参考記事リンク集

More than 3 years have passed since last update.


はじめに

フォーム改善、いわゆるEFO(Entry Form Optimization)の仕事をやる前に読んでおきたい参考記事、サイトをいくつかピックアップしてみました。

ウェブサイトの改善に欠かせないEFO。

はじめてやる場合でも、これだけ読めば勘所がわかる、といえそうなものをジャンルごとに分けて紹介します。


1.総合

EFOって何なのか、どんなことすればCVRは上がるのか(または下がるのか)という所から始める時に読むべき記事。


【保存版】問合せを劇的に増やすエントリーフォーム最適化(EFO)15の方法

LPO研究所さんの記事。実際の改善事例をもとに、基本的な最適化法が紹介されています。


フォーム内の無駄なリンクは外せ!

入力項目は極限まで削れ!

入力ボックスは分割するな!

半角・全角入力をユーザーに求めるな!

離脱しそうなユーザーはポップアップ表示で引き留めろ!

入力エラーはリアルタイムに表示しろ!

フォームで最後のひと押しをしろ!

住所は自動入力で!

表示する項目は必要最低限に!

現在位置がわかるナビゲーションをつけろ!

入力中の項目は色を変えろ!

入力完了時は「OK」「✔」などでわかりやすく!

必須の入力項目は「必須」とわかりやすく明記しろ!

入力ボックスには記入例を用意しろ!

リセットボタンを付けるな!


などなど。


入力フォームを改善して入力完了率を上げる! エントリーフォーム最適化15カ条

web担当者フォーラムさんの記事。こちらも、ごく基本的な方法を紹介しています。その数、LPO研究所と同じ15個。


【第1条】1つ目の項目は、入力しやすい項目にすべし

【第2条】何のためのフォームかを伝えるべし

【第3条】ファーストビューに収めるべし

【第4条】入力例や入力形式を明記すべし

【第5条】入力に達成感を感じてもらうべし

【第6条】最低限どの項目に入力すれば良いかを伝えるべし

【第7条】入力エラーをリアルタイムで伝えるべし

【第8条】エラー画面をわかりやすくすべし

【第9条】離脱要因となる不要なリンクを減らすべし

【第10条】離脱ブロックを導入すべし

【第11条】クリアボタン、キャンセルボタンはなくすべし

【第12条】入力の手間を減らすべし

【第13条】他のCV(コンバージョン)手段があれば伝えるべし

【第14条】送信完了の勘違いをなくすべし

【第15条】送信ボタンは大きく、具体的な文言にすべし


LPO研究所との違いは、「〜すべし」と、した方がいいことを中心に紹介していることでしょうか。

1つめの記事の目次と合体させたら、これで主なEFO対策は網羅されるんじゃないでしょうか。


EFO・フォーム改善ブログ

EFOツール「エフトラ」を販売しているエフコードさんのブログ。さすがEFO専業というだけあって、詳しい検証記事がいくつも掲載されています。

中でも、『確認ページをなくせば、完了率は上がる?①~離脱の理由とは?~』は、EFOに取り組む誰もが気になる点。うまくまとめてあります。


もうやりきったと思ってませんか?まだまだやれるEFO-マルチデバイス時代のウェブフォーム顧客体験最適化

上記ブログの中の人のスライド。時間のない時にぱぱっと見るにはいいかも。


2. 分析系

いきなり上記の改善策を試すのもなしではないですが、先に「フォームのどこに問題があるのか?」という分析をした後に始めた方が効果が出ます。

計測を行えば、ユーザーがフォームのどのあたりでつまずいているのか、離脱しているのか、といったことが分かります。

EFOツールもいろいろありますが、無料のGoogle Analytics でも、十分に計測ができます。


基礎からわかるGoogleアナリティクスのトラッキングコード設定入門

トラッキングコードの仕組みがよくわからん、という場合はこちらから。クリック計測のコードを入れるのは、非常に簡単です。


Googleタグマネージャとアナリティクスでフォーム入力イベントトラッキング – 独自のイベントリスナー作成の基本

タグマネージャと組み合わせたイベントトラッキングの方法。

むむ……なかなかマニアックな方法みたい。


3. 制作系


フォームの使いやすさやデザイン性を向上させる33の方法

ぐっと制作系によった、Tips集です。分析を経て何をやるかが決まったら、実際にどう手を動かして作るのか、という部分が解説されています。サンプルも豊富にあります。


フォームデザインDB

デザインに困ったらここを見ましょう。

実際のサイトで使われているボタン、フロー表示、エラー表示デザインがまとめられています。


捕捉:フォームばかりに囚われずに。

ここではフォーム改善に役立つ記事を紹介しました。

が、フォーム改善の目的はCVRを改善すること。CVRは広告、LP、サイト内の導線など様々な要素の影響を経た上で出てきます。

フォームはあくまで最終地点。

EFOというミッションを託されたとしても、サイト全体を巨視的に見て考えたいですね。