Swift
R.swift
OriginalQuad incDay 18

iOSアプリ開発でのリソース管理

最近、Swiftを触り始めたのですが、画像と文字列の管理がわかりにくかったのでまとめておきます。
基礎的なことだと思いますが、同じような人の助けになれば。

試したバージョンは下記です。

  • Xcode 9.2
  • Swift 4
  • R.swift 4.0.0

R.swiftのインストール

リソースへのアクセスに R.swift というライブラリを使います。
ライブラリの説明とインストール方法は以下を参照してください。
https://github.com/mac-cain13/R.swift#installation

文字列リソースの管理

リソースファイルの作成

Xcodeの文字列リソースファイルを利用します。

ファイルの作成(Cmd+N)で開くダイアログから Strings File を選択します。

スクリーンショット 2017-12-18 17.48.52.png

名前(ここでは settings.strings とします)をつけて保存すると、空のファイルが作成されるので、"KEY" = "VALUE"; の形式で記述します。
文末にセミコロンが必要です。

settings.strings
"welcome" = "こんにちは!";
"bye" = "さようなら"

アクセス方法

下記のように取得可能です。

R.string.[ファイル名].[KEY]()
文字列の所得
let welcome = R.string.settings.welcome() // こんにちは!

画像リソースの管理

リソースの登録

アセットカタログに画像をドラッグして登録します。
スクリーンショット 2017-12-18 21.03.03.png

アセットを登録したら、一度プロジェクトをビルドします。
すると R.generated.swift に登録した画像が追加されます。

R.generated.swift
  struct image {
    /// Image `sick_kebyou_man`.
    static let sick_kebyou_man = Rswift.ImageResource(bundle: R.hostingBundle, name: "sick_kebyou_man")

アクセス方法

あとは以下のようにして取得可能です。

R.image.[リソース名]
画像にアクセス
let image1 = R.image.sick_kebyou_man()

スクリーンショット 2017-12-18 21.08.29.png

補完されるので、画像名を間違える心配もありません。

namespace付きでアクセス

画像はグルーピングして管理することもできます。

下図のようにアセットカタログにフォルダーを追加して Provides Namespace をチェックしておきます。

スクリーンショット_2017-12-18_21_16_10.jpg

すると、フォルダー配下の画像に フォルダー名.リソース名 でアクセス可能となります。

namespace付きで画像にアクセス
let image2 = R.image.hogehoge.sick_byouketsu_man()