Edited at

Node Tokyo 2018: 1つ目日

こんにちは、サム (@sbenemerito) です。奥多摩の留学生です。日本語とブロクチェーン技術を勉強しています。2018年10月に日本にフィリピンから来ました。

11月19日〜20日にNode Tokyoという会議に行きました。たくさんことを習って他の開発者と会いたから、とてもいい経験でした。それで、この記事では、1つ目日に私の習ったことについて話し合います。


Node Tokyoとは

Node Tokyoは日本初の大規模な国際ブロックチェーンカンファレンスです。日比谷で11月19日〜20日にされました。Node Tokyoの目的は海外と国内でブロックチェーンに取り組む開発者と学生にいるブロクチェーンのコミュニティを栄えます。

ウェブサイト

https://nodetokyo.jp/


習ったこと

たとえば、「イサーリアムのプラズマとセレニティ」や「日本の大企業がブロックチェーンをどう見ているか」や「創る人の時代へ:日本のレギュレーション概観」などですが、一番興味がある話題は「ブロクチェーン・セキュリティのためにユース・ケース」です。


ブロクチェーン ・ セキュリティのためにユース ・ ケース

私の作っている物はこの話題に関するから、この話題に興味があります。この話題の中では、2つのユースケースは面白かったです。1つ目は「Quantstamp」というサービスで、2つ目は「Gitcoin」というサービスです。


Quantstampとは

Quantstampはブロクチェーンのためセキュリティ・プロトコルです。そのサービスはウェブサービスとステーキング・プロトコルがあります。

Quantstampのウェブサービスで、スマートコントラクトのセキュリティを確認できます。それで、スマートコントラクトがセキュアになります。

そして、ステーキング・プロトコルで、スマートコントラクトの開発者とQuantstampのオーディターは合意できます。Quantstampのオーディターは開発者のスマートコントラクトのセキュリティを確認して、自分の資産をステークします。もしそのスマートコントラクトがハックされたら、Quantstampのオーディターの資産はそのスマートコントラクトの開発者に施ます。だから、Quantstampのオーディターの確認は完璧のほうがいいです。

ウェブサイト

https://quantstamp.com/


Gitcoinとは

Gitcoinはスマートコントラクト開発の報奨金プラットフォームです。たとえば、開発者のスマートコントラクトの中で、いくつか脆弱な点があります。Gitcoinで、その脆弱な点のために報奨金がポストできます。それで、他の開発者はその脆弱な点を治して、報奨金を貰います。

ウェブサイト

https://gitcoin.co/


まとめ

QuantstampとGitcoinのコンセプトはとても面白いと思います。また、私の作っている物もスマートコントラクトのセキュリティのためので、QuantstampとGitcoinから、アイデアを気づきました。たとえば、たぶん私のサービスでGitcoinのシステムを使えます。