RaspberryPi

RaspberryPi Zero Wのワイヤレスセットアップ

More than 1 year has passed since last update.

Pi Zero W を手に入れたのでセットアップしました.
USBキーボードを持っていないのでSSH経由でセットアップしました.

環境は以下の感じです.

  • macOS
  • Raspberry PI Zero Wireless
  • Micro SDカード
  • SDカードが読み書きできるもの(自分の場合Mac Book自体にあった)
  • 無線LAN

TL;DR

ブート用のSDカードに以下を書き込む(/Volumes/bootにマウント済み)

touch /Volumes/boot/ssh
cat > /Volumes/boot/wpa_supplicant.conf <<EOF
network={
  ssid="xxxxxx"
  psk=xxxxxxxxxxxxx
}

Boot用のMicro SDカード作成

RASPBIAN JESSIE LITEのイメージをSDカードに書き込みます.

その後、macOSにSDカードを抜き差しすると
/Volumes/bootにマウントされます.
以降の操作はmacOS上でマウント済みとして説明します.

SSHの有効化

RaspbianはデフォルトではSSHは無効化されています.
とは言っても有効にするとは簡単でsshファイルを置くだけです.
このファイルの有無で起動時にSSHが有効になります.

touch /Volumes/boot/ssh

Wi-Fiの有効化

SSHを有効にしてもPi Zero Wでは有線LANがないため無線LANの設定をする必要があります.

Raspberry PIの公式サイトではwpa_supplicant.confを用意する必要がるのですが、wpa_passphraseコマンドを使った方法がりますがmacOSでは入っていないため自分で作成する必要があります.

必要なものは接続する無線LANのSSIDとパスフレーズをメモして以下のサイトでPSKのハッシュ値を計算します.

あとはSSHの用に特定の場所にwpa_supplicant.confファイルを作成します.

以下のコマンドを実行します.
ssidspkは適宜埋めてください.

cat > /Volumes/boot/wpa_supplicant.conf <<EOF
network={
  ssid="xxxxxx"
  psk=xxxxxxxxxxxxx
}

起動

ここまでで起動に関する準備は完了しました.
あとはPi Zero WにSDカードをさして起動します.
miniHDMIをモニタに繋げられれば起動時にDHCPにより割り振られたIPが表示されます.ない場合はarpとかでIPを探して繋いでみましょう.

仮にIPに192.168.1.10が振られたとしてSSHで接続できることを確認します.
この時、デフォルトのユーザとパスワードはpi, raspberryになります.

ssh pi@192.168.1.10

起動後

とりあえずアップデートしておきます.

sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade

セットアップは以上ですがSSHの接続ユーザを変えたりパスワードログインを無効にしたりとLinuxの最低限のセキュリティ周りは設定しておきましょう.