Linux
CentOS
RHEL

サービスを止めずにSWAP領域を拡張する。

More than 3 years have passed since last update.


拡張の流れ。


  1. 余っているDisk領域をddでファイル作って確保。

  2. mkswapコマンドでswapファイルに変換。

  3. swap onコマンドで有効化。

  4. freeコマンドとswaponコマンドで確認。


拡張方法。

0.事前確認。

# free -m

total used free shared buffers cached
Mem: 7872 7728 143 0 15 3325
-/+ buffers/cache: 4386 3485
Swap: 4095 3 4092
# swapon -s
Filename Type Size Used Priority
/dev/sda2 partition 4194300 3548 -1

1.swap割当用にディスクを確保。

# dd if=/dev/zero of=/var/swpfile bs=1M count=2048

2.確保した領域をswapファイルに変換。

# mkswap /var/swpfile

3.swapファイルを有効化。

# swapon /var/swpfile

4.freeコマンドとswaponコマンドで確認。

# free -m

total used free shared buffers cached
Mem: 7872 7728 143 0 15 3324
-/+ buffers/cache: 4388 3484
Swap: 6143 3 6140
# swapon -s
Filename Type Size Used Priority
/dev/sda2 partition 4194300 3548 -1
/var/swpfile file 2097148 0 -2

5.fstabに追記し起動時に自動で有効化するように設定。

# echo "/var/swpfile         swap                    swap    defaults        0 0" >> /etc/fstab


拡張したSWAP領域を外すときは下記で。

※使用されてると…だった気がする。あとで確認のうえ追記します。

# swapoff /var/swpfile