Help us understand the problem. What is going on with this article?

subjectAltNameに対応した自己署名証明書の作り方

More than 3 years have passed since last update.

subjectAltNameに対応した自己署名証明書の作り方

背景

開発用に自己署名証明書を使っているのですが、Chrome 58からSSL証明書のCNが無視されてsubjectAltNameが必須になってしまいましたので、それに対応するための自己署名証明書を作ってみました。

参考元

前提

  • CentOS7のopensslを使います
  • /etc/pki/tls/openssl.cnf はインストール後に変更されていないものとします
  • 対象は「*.intra.hoge.jp」とします

作成

$ openssl req \
  -newkey rsa:2048 \
  -days 3650 \
  -nodes \
  -x509 \
  -subj "/C=/ST=/L=/O=/OU=/CN=*.intra.hoge.jp" \
  -extensions SAN \
  -config <( cat /etc/pki/tls/openssl.cnf \
    <(printf "[SAN]\nsubjectAltName='DNS:*.intra.hoge.jp'")) \
  -keyout server.pem \
  -out server.crt

生成されたファイル

  • server.pem: 秘密鍵
  • server.crt: 証明書

証明書の内容確認

$ openssl x509 -text -in server.crt

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away