【iOS】アプリ譲渡後の証明書関連について

More than 1 year has passed since last update.

13日目は、スマートテック・ベンチャーズの江本(@s_emoto)が担当いたします。

アプリを譲渡した後の証明書などに関しての記事が見当たらなかったので記事にしようと思います。アプリを譲渡する・される時の参考になれば幸いです。

譲渡の手順については下記の記事を参考にして下さい。

App Storeに上がっているアプリを譲渡する方法


譲渡により引き継がれるもの

・アプリの所有権 → App Store上の販売元が譲渡先に変わる

・App ID → 譲渡が完了した時点で自動的に追加されます


証明書 / プロビジョニング・プロファイル

譲渡先のアカウントで新規に作成する必要があります。

※ただし、アップデートをしないのであれば不要


Bundle IDは変更できる??

Bundle IDに企業名などが含まれている場合、譲渡が完了した後に譲渡先のBundle IDに変更したい、ということがあり得ると思いますが,基本的には変更できません(別のアプリとしてApp Store上に2つ存在することになります…)

しかし!

ある条件を満たす場合はBundle IDを変更できるようです。

以下、Appleサポートのメールからの引用です。

アプリケーション譲渡後のアプリにおいて、Bundle ID を変更できるかのご質問をいただいておりましたが、わたくしの方で変更ができる場合の条件を確認させていただきました。その結果、Bundle ID を修正、変更できるのは、アプリケーションの最初のバージョンが「Prepare for Submission (提出準備中)」の状態のみとの事でした。

将来譲渡する可能性のあるアプリを開発する時はこの条件に気をつけたいですね。


最後に

スマートテック・ベンチャーズでは、未経験だけどiOSの開発をやりたい!という人を募集しています。

Advent Calendarのスマートテック・ベンチャーズページに会社およびWantedlyのURLをのせていますので、興味のある方は是非ご覧ください。

http://qiita.com/advent-calendar/2016/stv

明日は@eKushidaさんです。

お楽しみに!