Help us understand the problem. What is going on with this article?

Route53 & CloudFront & +α を使った wwwドメインから、wwwなしドメインへリダイレクトする構成図(ssl対応)

はじめに

本記事の主な目的は、ssl対応したwwwドメインからwwwなしドメインへリダイレクトするための全体的な構成イメージを提供することです。
ざっと探してみて文章しかなく、全体的な図がないのでイメージしにくかったので作りました。
Frontendのファイル群をS3に配置し、そこに対してルーティングする設定です。
こちらの図作成、という感じです。

書くこと

  • 全体図
  • 個人的にハマったところ一言メモ

書かないこと

  • 各種な設定
    • SSL証明書発行手順とか
    • DNSホスト設定、ドメイン設定とか

構成

構成イメージ全体図

構成イメージは以下です。

以下図の簡易説明など。

  • 図上部「wwwドメイン設定」内が、wwwドメイン用の設定
  • 図下部「wwwなしドメイン設定」内が、wwwなしドメイン用の設定
  • AWSアカウントは同一のものを想定
  • ユーザがwwwドメインにアクセスすると、「wwwドメイン設定」内のS3バケットにルーティング -> wwwなしドメインにリダイレクトする設定

個人的ポイント

  • ssl対応(http->httpsリダイレクト)するために、以下2つのCloudFrontが必要
    • wwwドメイン用のCloudFront(http://www.~ からhttps://www.~へのリダイレクト)
    • wwwなしドメイン用のCloudFront(http://~ から https://~へのリダイレクト)
  • wwwなしにリダイレクトする場合、S3のバケット名は特に何でもよい
    • こちらには「バケット名は、ドメインと一致する必要があります」とありますが、CloudFrontを使うので特に気にする必要はない

使用ツール & 参考

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした