Help us understand the problem. What is going on with this article?

Qiita(とかブログとか)にPlantUMLで書いたUML図を貼れるようにChrome拡張機能を作った

はじめに

先日こんな記事を書きました。

確かにコピーしてきて貼り付けてすれば表示されるんですが、なんどもやると面倒です。
勉強も兼ねてChrome拡張機能にまとめて公開したので、どうぞ使ってやってください。

READMEとかなんもないですが、コードはGitHubに公開しました。

使い方

  • インストールするとChromeにボタンが表示されるようになります。(↓こんな感じ)
    名称未設定3.png

  • PlantUML Web Server 以外のURLでボタンを押すと、PlantUML Web Server を新しいタブで開きます。

  • 開いたPlantUML Web Server でUMLを記述して submit をクリックすると、URLが更新されます。

  • この状態で再度ボタンを押すと、URLが下記のフォーマットでクリップボードにコピーされます。

    • [![](http://www.plantuml.com/plantuml/svg/{SyfFKj2rKt3CoKnELR1Io4ZDoSa70000})](http://www.plantuml.com/plantuml/uml/{SyfFKj2rKt3CoKnELR1Io4ZDoSa70000})
  • あとはmarkdownがかけるところにペーストすればUMLが画像として貼り付きます。(↓こんな感じ)

  • 画像には PlantUML Web Server へのリンクが貼られているので(ここ重要!)、UMLを変更したい場合は、画像をクリックしてPlantUML Web Server へ飛んで修正後、再度ボタンをクリックしてURLをコピー、もとのURLと置き換えれば更新完了です。

おわりに

気が向いたらコードとか解説します。
今日は一旦ここまで。

2017/09/29 追記

おかげさまでじわりじわりとユーザーさんが増え、もうすぐ100人です。ありがとうございます。

スクリーンショット 2017-09-29 15.16.41.png

2017/11/11 追記

ユーザー100人越えましたー :tada:

  • またまた @takasek さんに permission 設定がまずくなっている件GitHubでプルリク頂きまして、マージさせていただきました。
  • あと、GitHubちゃんとREADME書いてMakefileも置いときました
  • アイコンが未だにフリー素材でアレなので、どなたかアイコンとか作ってくださると喜びます...
ryskiwt
IoTプラットフォームを手がけるベンチャー企業でVPoPをやっています。 Golang/Java/Python/JavaScript、統計学/時系列解析/信号処理/移動体通信工学
aptpod
"日本のIoT、M2Mを牽引するテクノロジーカンパニーです。⾃動⾞やロボット・産業機械などから短周期に発生する制御・センサーデータをモバイル・インターネット網を介し、⾼速・大容量且つ安定的に、そして双方向に伝送し、回収データの可視化・解析や遠隔制御を実現するプロダクト開発を行っています。"
https://www.aptpod.co.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした