Help us understand the problem. What is going on with this article?

PowerBIにおけるマトリックス(PB-020-080-D)により特定行の背景色を表示する方法

はじめに

Power BI作成方法メモ

概要

特定行(下記図でいうと利益項目)に対してのみ背景色をつける方法

作成の想定サンプル
image.png

出典: 損益計算書(PL)の見方とは?5つの利益の読み解き方

https://www.smbc-card.com/hojin/magazine/bizi-dora/accounting/profit.jsp

Power BIのグラフ

image.png

注意事項

本手順は、Power BI の標準機能による実装ではないため、状況に応じて利用判断を実施してください。

Excelへのエクスポートを実施したい場合においては、ページ分割レポートの利用を検討したほうがよい場合があります。

データについて

データ概要

 下記に示す2つのデータを取り込み、PL項目をキーにリレーションシップを構築し、マスタのPL項目をソートキーにより列で並び替えの設定を実施してください。

トランザクションのデータ

PL項目 数値
売上高 1000
売上原価 200
売上総利益 800
販売費及び一般管理費 100
営業利益 700
営業外費用 200
経常利益 500
特別利益 300
特別損失 200
税引前当期純利益 600
法人税等 240
当期純利益 360

トランザクションのデータ

PL項目 ソートキー 背景色フラグ
売上高 100 0
売上原価 200 0
売上総利益 300 1
販売費及び一般管理費 400 0
営業利益 500 1
営業外費用 600 0
経常利益 700 1
特別利益 800 0
特別損失 900 0
税引前当期純利益 1000 1
法人税等 1100 0
当期純利益 1200 1

リレーションシップ

image.png

設定手順

1. マトリックスを追加して、下記の項目を設定

マトリックスの項目 設定項目
PLマスタのPL項目
PLトランザクションのPL項目 PLトランザクションの数値

image.png

2. 値の項目を右クリックし、条件付き書式->背景色を選択

image.png

3. 下記の条件付き書式の設定を行う

項目 設定項目
書式設定基準 ルール
フィールドに基づく 背景色フラグの合計
概要 合計
値が次の場合 次である
1
数値

image.png

4. 背景色が設定されたことを確認

image.png

5. もう1つの値に対しても同様の書式設定を行う

image.png

6. 行の項目名を[.]に変更する

image.png

7. スタイルを[なし]に設定

image.png

8. 行見出しにて、フォント色を[白]に、右端の折り返しを[オフ]に設定

image.png

9. 行の項目を、左端までドラッグして、表示しないように設定

image.png

10. 諸々の書式を整える

image.png

参考リンク

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした