kintoneDay 13

kintoneとはなにか真面目に調べてみた

More than 1 year has passed since last update.

こんにちは、クローバの門屋です。

サイボウズを退職して半年たちました。いまだにときどきサイボウズにいっては来客用のドクターペッパーを飲んだりしています。寒い視線を感じるときもありますが、おかげさまでなんとか年は越せそうです。


kintoneをひとことでいうと?

先日、kintone devCampというイベントがサイボウズ社で行われました。その中のパネルディスカッションで、kintoneをひとことでいうとなんですか? という質問があり、登壇者のみなさんがそれぞれのkintoneとはなんぞやを熱く披露していました。

kintoneはせっかくいいサービスなのに、kintoneを知らない人にたいしてわかりやすく魅力を伝えにくいという声を聞いたことがあります。質問の背景としてはそういうところもあったのかもしれません。

そのときの回答も交えて、kintoneとはなにかの例をあげてみます。

kintoneはファストシステム

開発初期のコンセプトであり、リリース当時はこのフレーズを多用していました。

kintoneはWebデータベース

サイボウズ社内で開発前はWebDBというコードで呼ばれていたこともあり、Webデータベースという説明がしっくりする人もいます。データベースというと社外には若干伝わりにくいかもしれません。

kintoneはデヂエのすごいやつ

サイボウズ デヂエも同じくサイボウズのWebデータベースです。まずデヂエがなんぞやを伝えないといけませんが、デヂエを知っている人にはわかりやすそうです。

kintoneはファイルメーカーやAccessのクラウド版

これもファイルメーカーやAccessを知っている人にはわかりやすい説明です。ただあまり魅力的な気がしないのはなぜでしょうか。。

わたしはそんなやりとりを聞きながら、先日ネットで見たマイナビニュースの記事を思い出しました。

そこにはこう書かれてありました。


ゼンリンは11月30日、サイボウズが提供する Webデータベース型業務アプリ構築サービス「kintone」向けに、地図配信 API「拠点案内サービス API」の提供を開始すると発表した。


・・・Webデータベース型業務アプリ構築サービス??

しばらく関わらない間にそんな量産型ザクみたいな呼称がついているとは知りませんでした。長いしセクシーさもわくわく感もありません。キントーンは業務アプリ構築サービスとかじゃなくてファストシステムだろうが。日本の腐ったIT業界をディスラプトする最強のグループウェアだろうが。

そんなメジャーデビュー前に首になったバンドがすっかり路線変更してテレビに出ているのをみて憤るスタジオミュージシャンみたいなことを思ったりはまったくしませんでしたが、Webデータベース型業務アプリ構築サービスはさすがにあんまりだろうと思ったので、kintoneがどんなふうに紹介されているか調べてみることにしました。ネットを探せば、きっと「kintoneはマジぱねえクラウドインターネッツ」みたいなイカしたキャッチフレーズがあるはずです。


Google様から情報をいただく

最初はGoogleの検索結果をスクレイピングしようかと考えましたが、Google Custom Search APIというのを使えば検索結果をJSONで取得できるみたいなのでそれを使うことにしました。

Google Custom Search APIの使い方はこちらを参考にしました。

google custom search engine(CSE)を使って、検索結果をjsonで取得する

APIキーとCustom Search Engine IDというのを取得したら、以下のようなURLで検索結果を取得できます。

https://www.googleapis.com/customsearch/v1?key=<API_KEY>&cx=<CSE_ID>&start=<ROW_NUMBER>&q=<検索キーワード>

検索キーワードはズバリ、「kintoneとは」で!

結果の一部


data.json

items: [

{
"kind": "customsearch#result",
"title": "機能紹介 | サイボウズのビジネスアプリ作成プラットフォーム「kintone」",
"htmlTitle": "機能紹介 | サイボウズのビジネスアプリ作成プラットフォーム「\u003cb\u003ekintone\u003c/b\u003e」",
"link": "https://kintone.cybozu.com/jp/feature/",
"displayLink": "kintone.cybozu.com",
"snippet": "kintoneとはデータベース型のビジネスアプリを作成するツールです。プロジェクト\nにおける情報共有はもちろん、企業間コラボレーションにも対応。モバイルからも安\n心してアクセスできる仕組みです。システム連携・開発プラットフォームとしても活用\nいただけます。",
"htmlSnippet": "\u003cb\u003ekintoneとは\u003c/b\u003eデータベース型のビジネスアプリを作成するツールです。プロジェクト\u003cbr\u003e\nにおける情報共有はもちろん、企業間コラボレーションにも対応。モバイルからも安\u003cbr\u003e\n心してアクセスできる仕組みです。システム連携・開発プラットフォームとしても活用\u003cbr\u003e\nいただけます。",
"cacheId": "xuvdXDbd6U0J",
"formattedUrl": "https://kintone.cybozu.com/jp/feature/",
"htmlFormattedUrl": "https://\u003cb\u003ekintone\u003c/b\u003e.cybozu.com/jp/feature/",
}
]

とりあえず上位100件まで取得して、jqコマンドでスニペット部分のみを抽出します。

# 一回で10件までしか取得できないのでstartを変えて繰り返す

$ curl "https://www.googleapis.com/customsearch/v1?..." > data.json
$ cat data.json | jq ".items[].snippet" >> snippet.txt


snipet.txt

"kintoneとはデータベース型のビジネスアプリを作成するツールです。プロジェクト\nにおける情報共有はもちろん、企業間コラボレーションにも対応。モバイルからも安\n心してアクセスできる仕組みです。システム連携・開発プラットフォームとしても活用\nいただけます。"

"kintoneとは? kintoneは、SNS機能を備えたクラウド型Webデータベースです。 チーム\n内のコミュニケーションの場と、データや業務プロセスを管理するためのWeb\nデータベース型アプリを、簡単に作成できます。 kintoneには、アプリ、スペース、\nピープルの3つの ..."
"kintoneとは. 入力画面をドラック&ドロップで作成可能なクラウド型Webデータベースの\nサービスです。データ一覧画面やグラフ集計表示機能を標準で利用可能で、データに\nコメントを付けられる社内コミュニケーション機能が備わってます。 一般的には上記の\n説明 ..."
"kintone(キントーン)を使えばビジネスアプリをカンタン作成できます。日立システムズ\nなら導入からシステム連携まで支援します。"
"2013年11月10日 ... kintoneとはどんな仕組みで、具体的に何ができるのか? デモンストレーションでファスト\nに業務システムを構築する仕組みを詳しくご説明します。 また、kintoneの活用シーンを\n多様な事例を基にご紹介します。 ・羽田空港の定時出航を支える ..."

こいつをmecabに食わせて、単語の抽出を行います。それから多くヒットした単語順にソートします。

$ mecab snippet.txt  | grep 名詞 | cut -f1 | sort | uniq -c | sort -nr > words.txt

その結果がこれ(20位までを抜粋)。

この単語を組み合わせることで、kintoneとはなにか真実がわかるはずです。

出現回数
単語

169
kintone

63
サイボウズ

42
クラウド

38
業務

37
連携

33
提供

31
サービス

28
株式会社

27
アプリ

27

25
システム

24
開発

23
データベース

22
アプリケーション

21
管理

19
活用

18
作成

17
構築

17
Web

16
機能

じゃじゃーん!

「kintoneとは、サイボウズ株式会社が開発しクラウドで提供するWebデータベース型業務アプリ構築サービス(作成したアプリケーションを連携したりシステム管理機能も活用できるよ)」である!!

。。。


結論

マイナビニュースがめっちゃ正しい


まとめ

紹介文の傾向としては、

- SNS機能を備えたビジネスアプリを作成するためのツール

- 業務システムのスマホシフトとクラウド対応基盤

- 入力画面をドラック&ドロップで作成可能なクラウド型Webデータベースのサービス

というように、記事によって注目しているポイントが違うことがわかりました。けっこうSNS押しが多かったのは意外でした。

ちなみにファストは2件でした!